スポンサーリンク

「安全」と「安定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「安全」と「安定」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「安全」「安定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安全」とは?

「安全」とは?

「安全」とは、安心していられる状態だという解釈になります。

「ここなら安全だ」と言えば、ここに居れば安心だ、大丈夫だという意味になり、「安全を一番に心掛けている」と使うと、安心できる状態が一番だと言っていると捉えることができます。

工事現場では、その「安全第一」とよく聞かれますが、その次の「品質第二」、更に「生産第三」と続きます。

その場で働く人の「安全」が何より一番で、質や生産性などはその次だという標語として広く用いられています。

「安定」とは?

「安定」とは?

「安定」は、落ち着いた状態だという表現です。

「安定している」と使うと、落ち着いていて、これといった変化はないという表現になります。

その変化がないという解釈だけでなく、悪くはなっていないというニュアンスが含まれる言葉で、「患者の状態が安定している」などと使われた時には、悪くはなっていないと解釈できる使い方になり、「生活の安定」とすると、金銭面などが悪いことにはなっていないと言っていると考えていいでしょう。

「安全」と「安定」の違い

「安全」と「安定」の違い

「安全」「安定」の違いを、分かりやすく解説します。

「安全」は、安心できる状態に対して使われる表現になり、「そうすれば安全だ」と使われれば、そのようにすれば危険はないと言っていると解釈することができます。

「安定」は、安定していて、且つ悪くはなっていないという意味で用いる言葉です。

ただ安定しているという訳ではなく、それがいいことだという解釈になると考えてください。

ただし、誰もがこの「安定」を求めているとは限らず、中には波乱万丈な方が面白いと考えるような人も居るるので、必ずしも全ての人にとって、目指すべきものだという訳でもありません。

まとめ

まとめ

「安全」「安定」は、このように違います。

「安全」なことに越したことはありませんが、「安定」は、前述のように、人によってはそれが好ましい状態とも限りません。