「スエット」と「トレーナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スエット」と「トレーナー」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スエット」「トレーナー」にはどの様な違いがあるのか紹介します。

「スエット」と「トレーナー」の違い

「スエット」「トレーナー」も、スポーツをしたり、部屋でくつろぐ時に着るカジュアルな洋服です。

肩や腕はラグランになっていて動かし易く、パンツのウェスト部分はゴムで着脱し易くなっています。

実は、「スエット」「トレーナー」は全く同じもののことを表しているのです。

英語では“sweatshirt”(スウェットシャツ)といい、「汗をかく時に着るシャツ」という意味からきています。

「トレーナー」は和製英語

「トレーナー」は、和製英語で、ファッションブランドである「VAN」の社長が命名したものです。

「スウェット」「汗」という意味で、「清潔ではない」というイメージがある為に、「トレーナー」にしたのです。

この言葉の由来は「ボクシングのトレーナーがスウェットシャツを着ることが多い為」によると言われています。

まとめ

「スウェット」「トレーナー」はどちらも同じものです。

どちらを使っても良いので、迷う必要はありません。