「スクラップ業」と「ヤード業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スクラップ業」と「ヤード業」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スクラップ業」「ヤード業」は同じような仕事内容を想起させる混同しやすい二つの言葉ですが、「スクラップ業」「ヤード業」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「スクラップ業」「ヤード業」の違いを、分かりやすく説明していきます。

「スクラップ業」とは?

「スクラップ業」とは?

「スクラップ業」という仕事は、「主に金属の廃棄物(廃金属)や雑品スクラップをはじめとする各種スクラップを、買取(収集)・加工・転売(輸出)している業者」を意味しています。

「スクラップ業」を合法的に営むためには、「金属くず商許可証」「古物商許可証」といった許可証を地方自治体・警察などで取得する必要があります。

「ヤード業」とは?

「ヤード業」とは?

「ヤード業」という仕事は、「鉄壁で囲まれた鉄スクラップの置き場所などを持っているスクラップ業者」「自動車・家電の廃棄物を解体して取れた各種スクラップを加工・海外輸出する業者(外部から確認しづらい施設を利用して、海外への違法な輸出をする業者もある)」を意味しています。

「ヤード」という言葉は「自動車の解体作業所・廃車置き場」が原義であり、「ヤード業」のアングラなイメージとして「盗難車両の解体・輸出を行っている違法な業者」のイメージもあります。

「ヤード業」を合法的に営むためには、「古物商許可証」に加えて「産業廃棄物収集運搬業許可の取得・使用済自動車の引取業の登録」なども必要になりますが、それらをきちんと取得せずに操業している違法業者が少なからず存在しているのです。

「スクラップ業」と「ヤード業」の違い!

「スクラップ業」と「ヤード業」の違い!

「スクラップ業」「ヤード業」の違いを、分かりやすく解説します。

「スクラップ業」「ヤード業」「主に金属の廃棄物(スクラップ)を取り扱う業者」を意味しています。

しかし、「スクラップ業」が許可・免許を取得した合法的な事業としてイメージされやすいのに対して、「ヤード業」は許認可を取らずに違法操業して海外に盗品を含むスクラップを輸出しているアングラな違法業者がイメージされやすい違いがあります。

自動車や家電製品の解体・海外輸出を行う「ヤード業」を合法的に行うためには、古物商許可証だけではなく、「産業廃棄物収集運搬業許可の取得・使用済自動車の引取業の登録」などが必要になりますが、それらの許認可・登録の手続きをしていない業者が「スクラップ業」よりも多いのです。

まとめ

まとめ

「スクラップ業」「ヤード業」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「スクラップ業」という仕事は、「主に金属の廃棄物(廃金属)をはじめとする各種スクラップを取り扱って買取(収集)・加工・転売を行う業者」を意味しています。

「ヤード業」というのは、「鉄スクラップの置き場所などを持ち、自動車・家電の廃棄物を解体して各種スクラップを加工・転売する業者(違法な海外へのスクラップ転売業者もある)」の意味を持っています。

「スクラップ業」「ヤード業」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。