「リフォームローン」と「住宅ローン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リフォームローン」と「住宅ローン」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リフォームローン」「住宅ローン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「リフォームローン」とは?

「リフォームローン」とは?

「リフォームローン」とは、自宅のリフォーム(リノベーション)に掛かるお金を借りるローンのことです。

このような名称で提供されていることは少なく、「目的別ローン」における目的の1つとしての借り入れになることが多いです。

この「目的別ローン」とは、借りたお金の遣い道が決まっている場合に限り、利用できるローン契約になります。

担保は特に必要なく、それに掛かる費用の見積書などが必要になり、余計な分まで借りることはできません。

また、この契約では「総量規制」という、年収の1/3までという借り入れ制限の対象外となる為、審査次第で高額な借り入れも行うことができます。

また、金利も「フリーキャッシング」より低くなるという特徴があります。

「住宅ローン」とは?

「住宅ローン」とは?

「住宅ローン」は、住居の購入の為に利用するローン契約で、長期の契約になることがほとんどなので、他のローン契約とは違ったいくつかの性質があります。

まず、担保となる別の建物や土地がない場合には、団信保険への加入が義務付けられます。

その保険料もローンの返済に加えて支払う必要がありますが、万が一の時にはその保険によって、残りのローンが免除されることになると考えていいでしょう。

そして、固定金利制、変動金利制から選択することができ、公定歩合などによって決まる金利がその先に下がると、変動金利制の方がトータルで支払う金額が少なくなります。

しかし、逆に上がってしまう(支払い金額が増える)こともある為、慎重に検討しないといけません。

「リフォームローン」と「住宅ローン」の違い

「リフォームローン」と「住宅ローン」の違い

「リフォームローン」「住宅ローン」の違いを、分かりやすく解説します。

「リフォームローン」は、基本的には「目的別ローン」としての利用になりますが、高額になる場合には、「住宅ローン」として契約することもあります。

その「住宅ローン」は、住宅の購入費用として利用するローンで、1人での返済の場合、原則的に最長で35年までの契約となります。

先の団信保険への加入が必須となり、あらゆるローンの中で一番低金利で利用できると言っていいですが、返済が長期に及ぶ為、年率1%だとしても、2000万円を20年、毎月均等払い(ボーナス月の返済額も同様)で借りた場合、合計して約207万円も利息が掛かることになります。

その為、きちんとした返済計画を立てた上で利用しないといけません。

まとめ

まとめ

「リフォームローン」「住宅ローン」は、このように違います。

「リフォームローン」「住宅ローン」を利用した時には、契約は内容はそちらと同じになると考えていいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物