クレジットカードの「フィッシング詐欺」と「スキミング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フィッシング詐欺」と「スキミング」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フィッシング詐欺」「スキミング」の違いを分かりやすく説明していきます。

「フィッシング詐欺」とは?

「フィッシング詐欺」とは?

「フィッシング詐欺」の意味と概要について紹介します。

意味

「フィッシング詐欺」は、「犯人が金融機関などのフリをして、被害者からクレジットカード番号や暗証番号を盗み出す犯罪のこと」という意味です。

概要

「フィッシング詐欺」の具体的な手口は、或る日突然「おめでとうございます!プレゼントが当選しました!」「お客様のクレジットカードの情報が漏れている可能性がありますので、至急確認して下さい」などの内容のメールが送られてきます。

メールに掲載されている金融機関のリンクをクリックすると、本物そっくりのサイトが表れ、クレジットカード番号や暗証番号を入力する様に誘導されます。

これによりカードの情報が盗まれ、すぐに不正使用されてしまうのです。

「スキミング」とは?

「スキミング」とは?

「スキミング」の意味と概要について紹介します。

意味

「スキミング」とは、「スキマーという機械を使い、クレジットカードの情報を読み取り、カードを偽造して不正使用する犯罪のこと」という意味です。

概要

「スキミング」の具体的な手口は2つあります。

1つ目は、業者がクレジットカード決済をする時に、お客からカードを受け取った時に読み取るという方法です。

2つ目は、銀行やカード会社の社員のフリをして被害者の家を訪問して、「カードに不正がないか調べる」などの理由で受け取り、スキマーにかけてから戻すというものです。

いずれにしてもクレジットカードは手元にあることから、不正使用されたことに気付くのが遅くなります。

「フィッシング詐欺」と「スキミング」の違い!

「フィッシング詐欺」と「スキミング」の違い!

「フィッシング詐欺」は、メールで送られてきた金融機関のリンクをクリックさせて、カード番号と暗証番号を入力させる犯罪です。

「スキミング」は、相手から直接カードを受けとり、スキマーという機械で情報を読み取る犯罪です。

まとめ

まとめ

「フィッシング詐欺」「スキミング」は、どちらもクレジットカードを使った犯罪です。

「自分は大丈夫」と思わずに、カードの扱いには用心しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物