「信用金庫」と「信用組合」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「信用金庫」と「信用組合」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「信用金庫」「信用組合」はよく似た金融機関を連想させる区別が難しい二つの言葉ですが、「信用金庫」「信用組合」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「信用金庫」「信用組合」の意味の違いについて詳細に説明していきます。

「信用金庫」とは?

「信用金庫(しんようきんこ)」とは、「信用金庫法に基づいて設立され、地域に住む人々を会員にして、金融面で相互扶助することを目的にしている非営利の金融機関」を意味しています。

「信用金庫」の経営理念は「国民大衆のために金融の円滑化を図り、その貯蓄の増強に資する」というもので、「地域社会への貢献と奉仕・中小企業の健全発展・豊かな国民生活の実現」を目的にしています。

「信用金庫」「信用組合」「その地域に拠点のない企業・その地域に住んでいない個人」は利用することができず、従業員300人を超える大きな会社も対象外になっています。

「信用組合」とは?

「信用組合(しんようくみあい)」とは、「協金法に基づいて設立され、地域の中小企業・個人を組合員にして、組合員の相互扶助と経済的地位の向上を目的とする非営利の金融機関」を意味しています。

「信用組合」の経営理念は「組合員の相互扶助を目的とし、組合員の経済的地位の向上を図る」というもので、「地域・業域・職域の信用組合」に分かれています。

「信用金庫」と「信用組合」の違い!

「信用金庫」「信用組合」の違いを、分かりやすく解説します。

「信用金庫」「信用組合」「地域の金融面の相互扶助と健全な経済発展」を目的とした非営利の金融機関ですが、「信用金庫」「信用金庫法」に、「信用組合」「協金法」に基づいているという違いを指摘できます。

「信用組合」「地域・業域・職域の信用組合」にコミュニティが分類されていますが、「信用金庫」にはそういった分類はありません。

また「信用組合」「組合員になれない大手企業や地域の非居住者の預金」を受け付けませんが、「信用金庫」「会員になれない人・企業でも預金だけなら利用を認めるケースがある」という違いも指摘できます。

まとめ

「信用金庫」「信用組合」の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「信用金庫」というのは「地域に住む人々が会員になって、金融面で相互扶助することを目的にしている非営利の金融機関」ですが、「信用組合」「地域の中小企業・個人が組合員になって、組合員の相互扶助と経済的地位の向上を目指している非営利の金融機関」であるという違いがあります。

「信用金庫」「信用組合」の意味の違いを詳しく知りたい場合には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物