スポンサーリンク

「租税回避」と「節税」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「租税回避」と「節税」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「租税回避」「節税」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「租税回避」とは?

「租税回避」とは?

租税回避とは、そぜいかいひという読み方をすべき言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を見れば直ぐに理解出来る事ですが、ぜいきんとか年貢等の意味の租税の漢字に、免れようと避けるや脇に避けるといった意味を有する回避の漢字を付け足す事により成立した言葉となっています。

だからこそ租税回避は、合法的な税負担の軽減や排除といった意味を表すのです。

「租税回避」の使い方

租税回避は、税負担の軽減や回避する事を表す際に使われる言葉となっています。

ただし租税回避は課税用件をくぐり抜けるのを目的として、税法では想定していない様な抜け道を利用する行為を表現するのです。

お陰で租税回避を成立させるために、通常では有り得ない様な経済的な合理性がない不自然な取引形態を採用したりします。

なのでその様な不自然な取引を、この言葉を使用して租税回避と呼んでいたりするのです。

「節税」とは?

「節税」とは?

節税とは、せつぜいという読み方をする言葉となっています。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、程よくするや度をこえない様に抑えるといった意味を持つ節の文字に、国が国民から徴収する金銭といった意味を有する税の文字を加える事で完成した言葉です。

そのため節税は、所得控除や非課税制度等を活用する事で税負担を軽減させる事を示します。

「節税」の使い方

節税は、出来るだけ税負担を軽減させようとする事を表現する際に用いる言葉です。

とはいえ基本的に税法が想定している範囲内で、適切に行う行為を指し示します。

具体的には、必要経費を計上する事により課税所得の圧縮を行うといった行為です。

あくまで税法により認められている行為をしっかり行う事で、税負担の軽減を実現するという意味の言葉であるため、脱税の様な違法な行為は含みません。

「租税回避」と「節税」の違い

「租税回避」と「節税」の違い

租税回避と節税は、文字表記を並べて見比べれば、文字数や使用されている漢字の多くが違っている事に気付く事が出来ます。

ただし同じ税という漢字が使用されており、しかも税金に関連した言葉として使われるという共通点も見られるのです。

なので混同する恐れのある言葉同士と言えるので、それぞれの言葉が持つ意味をきちんと把握する事が大事だったりします。

ちなみに租税回避は、税法が想定していない様な特殊な取引等を駆使する事で実現する、租税負担の軽減や排除を表すのです。

一方の節税は、所得控除や非課税制度を活用し、税制の範囲内で税負担を軽減させるといった意味を示します。

まとめ

まとめ

2つの言葉は共に税の漢字が用いられている事からでも明らかな様に、税金に関する言葉として使われているのです。

とはいえ他の文字や文字数は違うため、表す意味合いのニュアンスには相違点が見られます。

まず租税回避ですが、税法が想定していない様な取引等を使い、合法的な形で租税負担の軽減や回避する事を表現する言葉です。

対する節税は、非課税制度や所得控除といったものを活用し、税制の範囲内で税負担の軽減を行う事に用いるべき言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物