「義理チョコ」と「友チョコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「義理チョコ」と「友チョコ」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「義理チョコ」「友チョコ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「義理チョコ」とは?

「義理チョコ」とは、バレンタインデーの際に、言葉のまま、義理として渡すチョコレートのことです。

分かりやすく言えば、決して好意や愛情の表現ではなく、付き合い程度として渡すという意味です。

見た目から、明らかにそれだと気付いたり、最初から「義理チョコだ」と言われた上で渡されるような場合はすぐにこれと分かりますが、場合によっては「本命チョコ」と区別が付かないこともあります。

「友チョコ」とは?

「友チョコ」とは、友達同士で渡し合うチョコレートです。

バレンタインデーと言えば、女性から意中の男性にチョコレートを渡すものですが、こちらは女性が友達に対して手作りし、主にその見た目が注目されるものです。

有名なキャラクターに似せて作ったり、かわいらしいデザインにしてみたりと、女性同士でその交換が楽しまれており、SNSなどに出来栄えをアップするなどということも盛んに行われています。

男性に渡すこともありますが、その場合もあくまで友達としてのことで、その場合は先の「義理チョコ」が少し凝ったものになると考えるといいでしょう。

「義理チョコ」と「友チョコ」の違い

「義理チョコ」「友チョコ」の違いを、分かりやすく解説します。

「義理チョコ」は、バレンタインデーには定番とされており、10個以上も色々な人にこれを配ることも少なくありません。

「友チョコ」は、女性が単に友達に渡すチョコレートとして使う場合もありますが、多くはその出来栄えが注目されるもので、近年のSNSの普及と共に、「本命チョコ」以上の手間を掛けて作るということもあるほどです。

まとめ

「義理チョコ」「友チョコ」は、このように違います。

「友チョコ」は、友達に渡したり、交換するというだけでなく、見た目を楽しむという点がポイントになると考えください。