「建て替え」と「リフォーム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「建て替え」と「リフォーム」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、家の「建て替え」「リフォーム」の違いを分かりやすく説明していきます。

「建て替え」とは?

「建て替え」とは、一度その家を解体し、建て直すことです。

基礎の部分から作り直すことになる為、一時的に更地の状態になります。

今までとは全く違う家にする場合や、後述する「リフォーム」では難しい時には、この「建て替え」をすることになり、その間は当然住むことができなくなる為、新しい家が完成するまでの間、別の住居が必要になります。

「リフォーム」とは?

「リフォーム」とは、家の一部分(場合によっては、何箇所も一緒に)を改築することです。

お風呂場だけの「リフォーム」、和室をフローリングの洋室にする「リフォーム」など、色々な形があり、そのお風呂場や一室だけといった場合には、住み続けながら行うことも可能です。

それほど大規模なものでなければ、DIY(業者に頼まずに、自分たちだけで)でも充分に行えることがあります。

「建て替え」と「リフォーム」の違い

「建て替え」「リフォーム」の違いを、分かりやすく解説します。

「建て替え」だと、一度対象の家を壊して更地にしてしまい、その上で新しく建て直すことになります。

よって、新しい家に特に制限はなく、法などが許す範囲で好きなようにできるという利点があります。

「リフォーム」は、部分的な改築になるので、元の部分との整合性や、家としての耐久性などに問題がない範囲でしか行うことができません。

ただし、住みながらでも行えることも多く、何より費用の面でも「建て替え」より安くあがります。

家自体が古くなってきたものの、壊して建て替えるほどではない場合には、痛みの目立つ部分だけ「リフォーム」するということも多く行われています。

まとめ

「建て替え」「リフォーム」は、このように違います。

一度家ごとリセットしてしまうとも表現できるのが、「建て替え」になります。