「権利」と「義務」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「権利」と「義務」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「権利」「義務」の違いを分かりやすく説明していきます。

「権利」とは?

「権利」とは、自由に行使できる内容のことです。

法に沿ったものや、団体内などで認められているものなどがあり、例えば、日本国民には、健康的で文化的な最低限の生活が送れる「権利」が憲法によって認められてります。

会社員の「有給休暇」も、この「権利」に当たる為、本来はいつ自由にとろうと構わないものですが、実際には仕事に穴を開けることになったり、その他の会社側の都合などでとれないことがあるように、「権利」とは言いながら、いつでも自由に行使できるとは限らないものもあるのが実情です。

「義務」とは?

「義務」とは、従わなくてはいけない内容です。

「それが義務だ」と言われれば、必ず行わなくてはいけない内容だと言われていることになり、例えば、抱えてしまった債務は、それを返済する「義務」があります。

ですが、その債務にしても、破産宣告(自己破産)によって返済する必要が無くなるような場合があるように、例外というものが存在します。

その為、先の「権利」が必ず行使できるとは限らないのと同様に、こちらも例外的に、場合によっては従わなくてもいいこともあります。

「権利」と「義務」の違い

「権利」「義務」の違いを、分かりやすく解説します。

「権利」は、行使できる内容で、「義務」は、従うべき内容になります。

そして、どちらも必ずという訳でもありませんが、原則的には行使でき、従わなくてはいけないものです。

よく言われるのが、「権利を主張するなら、その前に抱えている義務は全て果たすこと」という言葉で、その通りに、まず「義務」がきちんと果たされないと、「権利」が認められることはないと考えてください。

まとめ

「権利」「義務」は、このように異なります。

これらは対義語となる言葉同士で、対になっている関係だと考えても構いません。