スポンサーリンク

「運動」と「スポーツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運動」と「スポーツ」の違いスポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運動 」「スポーツ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運動」とは?

「運動」とは?

「運動」とは、体を動かすこと全般に使われる表現となっています。

「運動として、ランニングを行っている」などと使われる言葉で、そのランニングとまではいかない散歩程度でも、「運動」と言って構いません。

部屋の中で行える腕立て伏せや腹筋、エアロバイクの利用やバーベル上げなども「運動」になり、実際に体を動かす行為に対して幅広く使うことができる言葉です。

「スポーツ」とは?

「スポーツ」とは?

「スポーツ」は、先の運動の中で、何かしらの競技となっているものに使われます。

キャッチボールは野球に含まれますが、それだけしか行わない場合は「運動」の範囲に留まると解釈してください。

「昔、スポーツをやっていた」のように使われた時には、何かの運動競技のプレイヤーだったと捉えるのが一般的で、野球やサッカー、バスケットボールなどといった具体的な競技名が挙がると考えていいでしょう。

「運動」と「スポーツ」の違い

「運動」と「スポーツ」の違い

「運動」「スポーツ」の違いを、分かりやすく解説します。

「運動」は、体を動かすことに広く使うことができる言葉で、競技として成り立っているものが「スポーツ」と呼ばれるという関係になります。

その「スポーツ」競技には、それぞれにルールが存在し、それを守ってプレイするものですが、「運動」にはそのようなものは何もない為、ランニングで特に距離や時間は決めず、ただ走っていた時でも「運動していた」と表現することができます。

尚、「運動」は、一定の動作をすることなどに使われる場合もある言葉で、例えば、メトロノームが動いていることに「振り子運動」と用いるような例がそれに当たります。

まとめ

まとめ

「運動」「スポーツ」は、このように異なります。

「スポーツ」も、「運動」の中に入りますが、きちんとルールがあり、競技として成り立っているものは、「スポーツ」と表現する方が適しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物