スポンサーリンク

「アスタリスク」と「米印」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アスタリスク」と「米印」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アスタリスク」「米印」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アスタリスク」とは?

「アスタリスク」とは?

「アスタリスク」の意味と概要について紹介します。

「アスタリスク」の意味

「アスタリスク」とは「*または*のことで、文章中の脚注や、掛け算の記号などに使われる印のこと」という意味です。

「アスタリスク」の概要

「アスタリスク」「*(全角)」または「*(半角)」として使われます。

英語で“asterisk”と表記され、「小さな星」という意味を持つ言葉です。

文章中で参照や注を表す印として使われたり、表計算ソフトでは掛け算の記号としても使われたり、伏字として「f**k」などにも使われたりします。

また、日本では電話に使われる記号にも似たようなものがありますが、そちらは「スターマーク」と呼ばれ、「x」「-」の組み合わせになります。

「米印」とは?

「米印」とは?

「米印」の意味と概要について紹介します。

「米印」の意味

「米印」「こめじるし」と読みます。

意味は「※のことで、注釈を表す時に使う印のこと」になります。

「米印」の概要

「米印」「※」として使われます。

コンピュータの文字として認識されていて、文字と同様に使用できます。

基本的には文章に付ける注釈として使われ、「※昔の表現のこと」などと使われたり、注釈が複数ある時には「※1・※2」と使われたりします。

「アスタリスク(*)」とは全く違い、四つの点があるのが特徴で、「米」という漢字と非常に良く似ています。

その為に、米穀店の看板などでシンボルマークとして使われることが多くなります。

ただし、日本独特の印であり、海外にはないので「アスタリスク」と混同して使われているのです。

「アスタリスク」と「米印」の違い!

「アスタリスク」と「米印」の違い!

「アスタリスク」「*または*のこと」です。

「米印」「※のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「アスタリスク」「米印」の違いをお伝えしました。

「アスタリスクは*または*」「米印は※」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物