スポンサーリンク

「陳謝」と「謝罪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「陳謝」と「謝罪」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「陳謝」「謝罪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「陳謝」とは?

「陳謝」とは?

「陳謝」の意味と使い方について紹介します。

「陳謝」の意味

「陳謝」「ちんしゃ」と読みます。

意味は「事情を説明して詫びること」「深くお礼を述べること」になります。

「陳謝」の使い方

「陳謝」は名詞で、助動詞を伴い「陳謝する・した」と使います。

「陳」「のべる」とも読み「きちんと言うこと」を意味していて、「謝」「あやまる」とも読み「お詫びすること」を意味します。

「陳謝」で基本的に相手に対してきちんとあやまることを言います。

ただあやまるのではなく、「あるものごとについて、理由や事情を説明してお詫びをする」という意味で使われています。

政治家や有名人が不祥事を起こした時に、相手に対してお詫びをするシーンで耳にすることの多い言葉です。

「謝罪」とは?

「謝罪」とは?

「謝罪」の意味と使い方について紹介します。

「謝罪」の意味

「謝罪」「しゃざい」と読みます。

意味は、「悪いことをしたり、失敗したことについておわびすること」

「謝罪」の使い方

「謝罪」は名詞であり、助動詞を伴い「謝罪する・した」と使います。

「罪」「つみ」とも読み、「悪いことや過失」という意味があります。

「謝罪」は、「悪いことや過失についてあやまる行為」そのものを表します。

つまり、単に「すみません」「申し訳ありません」と言うことも「謝罪」になるのです。

いちいち事情を説明しなくても、頭を下げたり土下座をするなど、とになく「お詫びの言葉を述べること」に重点が置かれているのです。

「陳謝」と「謝罪」の」違い!

「陳謝」と「謝罪」の」違い!

「陳謝」「あるものごとについて、理由や事情を説明した上で詫びること」です。

「謝罪」「悪いことや過ちを認めてあやまる行為のこと」です。

まとめ

まとめ

「陳謝」「謝罪」の違いをお伝えしました。

「陳謝は事情を説明してあやまること」で、「謝罪は『ごめんなさい』と言うこと」と覚えておきましょう。