「未満」と「以内」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未満」と「以内」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「未満」「以内」の違いを分かりやすく説明していきます。

「未満」とは?

「未満」とは、ある一定の基準に達していないこと、ある数よりも少ないことを表す時に使う言葉です。

またその基準となる数字は含まないと覚えておきましょう。

例えば「20歳未満はお断りいたします」などと書かれてあれば、「20歳」「含まない」ので大丈夫という意味です。

つまり「20歳」の誕生日の前日まではお断りということになります。

「以内」とは?

「以内」とは、ある数字、量よりも多くならないこと、その範囲内という意味になります。

「以下」と同じ意味でもあります。

基準となる数字は含むと覚えておきましょう。

例えば「20日以内に課題作品を仕上げてください」という場合は、「20日目」は含みます。

つまり「20日の間」で仕上げるという意味ですから、「21日目の朝」に提出はできないわけです。

「未満」と「以内」の違い!

「未満」「以内」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらの言葉も似ているので同じような印象を受けるかもしれませんが、まったく違いますのでしっかり理解するようにしましょう。

まず「未満」とは、基準となる数字、量に満たないという意味です。

ですから「10メートル未満」とあれば、「10メートルに満たない(足りない)」という意味ですから「10メートルは含まない」となるのです。

一方で「以内」という言葉です。

これは「以下」とも同義ですが、数字や量の下につけて表しますが、その数字や量も含むと覚えておきましょう。

「10メートル以内」ならば、「10メートルも含む」わけです。

「未満」「満たないので含まない」「以内」「含む」というように覚えておきますと、区別がしやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「未満」「以内」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

生活の上で「未満」「以内」はよく使われます。

社会のルールなどに示す時にも関わってきますので、しっかりと意味、違いを覚えておくようにしましょう。