「貸事務所」と「レンタルオフィス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「貸事務所」と「レンタルオフィス」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「貸事務所」「レンタルオフィス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「貸事務所」とは?

「貸事務所(かしじむしょ)」とは、「期間貸しの敷金・礼金もあるような賃貸借契約を結んで借りる事務所(オフィス)」のことで、通常「数ヶ月以上の賃貸借契約」を前提にしています。

「貸事務所」「建物・部屋だけを借りる契約」が基本で、「机・椅子・コピー機・ネット回線(Wi-Fi)などの付属品」はついていないことが多くなります。

「レンタルオフィス」とは?

「レンタルオフィス」とは、「期間貸しのサービス利用料(施設利用料)を支払う契約を結んで借りるオフィス(事務所)」のことで、借り手の都合に合わせて「数日~数ヶ月以上の利用」をすることができます。

「レンタルオフィス」には、「敷金・礼金」の設定も通常ありません。

「レンタルオフィス」「建物・部屋」だけではなく、「机・椅子・コピー機・ネット回線(Wi-Fi)などの付属品」がついている物件も多くなっています。

「貸事務所」と「レンタルオフィス」の違い!

「貸事務所」「レンタルオフィス」の違いを、分かりやすく解説します。

「貸事務所」「レンタルオフィス」「一定期間にわたって借りるオフィス(事務所)」という意味では共通していますが、「貸事務所」のほうが「レンタルオフィス」よりも正式な賃貸借契約が必要で敷金・礼金が必要な物件が多いという違いがあります。

「貸事務所」「賃貸の住宅・部屋を借りる賃貸借契約」と同じような契約を結んで借りる事務所で、基本的に「オフィス用品などがついていない建物・部屋」だけを借りる形になります。

それに対して、「レンタルオフィス」「任意の期間の施設利用料(サービス利用料)を支払う契約だけで利用できるオフィス(事務所)」で、「机と椅子・Wi-Fiなどのネット回線が付属しているオフィスも多い」という違いを指摘できます。

まとめ

「貸事務所」「レンタルオフィス」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「貸事務所」とは、「賃貸借契約を結んで借りるもので、デスク・椅子・電話・ネット回線などが付属していないことが多い事務所」のことです。

「レンタルオフィス」とは、「利用したい期間だけのサービス利用料(施設利用料)を支払う契約を結んで借りるもので、デスク・椅子・ネット回線などが付属していることが多いオフィス」のことです。

「貸事務所」「レンタルオフィス」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。