「法的整理」と「私的整理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「法的整理」と「私的整理」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「法的整理」「私的整理」の違いを分かりやすく説明していきます。

「法的整理」とは?

「法的整理(ほうてきせいり)」とは、「破産法・民事再生法・会社更生法などの法的手続きに依拠して裁判所の監督に従った上で、債権債務・倒産(経営破綻)を処理・清算する手続き」を意味しています。

「法的整理」は、「破産・特別清算などの清算型手続」「民事再生・会社更生などの再建型手続」に大きく分類することができます。

「法的整理」には、「法定されたルールに従って公正な処理ができるメリット」「時間・費用のコストがかかり倒産企業のレッテルを貼られるデメリット」があります。

「私的整理」とは?

「私的整理(してきせいり)」とは、「法的手続きや裁判所の監督に依拠せずに、債権者と債務者の間の自主的協議によって債権債務・倒産を処理・清算する手続き」を意味しています。

「私的整理」とは、「当事者間の話し合いと合意による会社の業務整理・清算」のことを示唆している用語なのです。

「私的整理」には、「債権者と債務者の合意さえ得られればスピーディーかつ低コストで会社の整理を進められるメリット」「反対者がいると会社の処理が先に進まない・裁判所に保全処分を求められないなどのデメリット」があります。

「法的整理」と「私的整理」の違い!

「法的整理」「私的整理」の違いを、分かりやすく解説します。

「法的整理」「私的整理」も経営破綻(倒産)した会社や清算・廃業・継承する会社の処理をする意味では共通していますが、「法律・裁判所の監督に従っているか否かの大きな違い」があります。

「法的整理」という会社の業務整理は「破産法・民事再生法・会社更生法などの法律」に依拠していますが、「私的整理」の場合には法律ではなく「当事者間の合意」に従った会社の整理を意味しているという違いがあります。

「法的整理」「不正が発生しにくいが時間と費用がかかる特徴」があり、「私的整理」「スピーディーに会社を清算・整理できてコストもかからないが、反対する債権者がいると交渉が進まない特徴」があるという違いも指摘できます。

まとめ

「法的整理」「私的整理」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「法的整理」とは、「法的手続きに依拠して裁判所の管轄に従って、債権債務・倒産を処理する手続き」を意味しています。

「私的整理」とは、「法的手続きに依拠せずに、債権者と債務者の合意によって債権債務・破産を処理する手続き」を意味しています。

「法的整理」「私的整理」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。