「大統領制」と「議院内閣制」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大統領制」と「議院内閣制」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大統領制」「議院内閣制」の違いを分かりやすく説明していきます。

「大統領制」とは?

「大統領制(だいとうりょうせい)」とは、「国民が大統領選挙によって大統領(国のトップ)を選出する政治制度」のことを意味しています。

「大統領制」というのは、国民に選ばれた大統領が民意を反映した政治を行うための制度であり、基本的に議会が大統領を辞めさせることはできません。

「大統領制」は大統領選の立候補条件を満たせば、最大与党の党首・政治家でなくても誰でも(過激な思想・政策を持つ人でも)大統領になれる可能性があります。

「議院内閣制」とは?

「議院内閣制(ぎいんないかくせい)」とは、「国会議院(代議士)が首相・内閣総理大臣(国のトップ)を指名する政治制度」のことを意味しています。

「議院内閣制」は、最大与党の代表者が首相(内閣総理大臣)になりやすいので、政治運営を安定化させやすい制度です。

「議院内閣制」では、首相が「議会の解散権・内閣総辞職の権限」を持っていて、国会議員(代議士)が「内閣不信任案」を出せるという特徴があります。

「大統領制」と「議院内閣制」の違い!

「大統領制」「議院内閣制」「国民主権・民主主義の政治制度」という点で共通していますが、「大統領制」「国民が直接の選挙で大統領(国のトップ)を選ぶ制度」であるのに対して、「議院内閣制」「国会議院(代議士)が首相・内閣総理大臣(国のトップ)を指名する制度」であるという違いがあります。

「大統領制」「国民の民意が国のトップに反映されやすいが、大統領と議会の対立が生まれやすい特徴」があり、「議院内閣制」「最大与党が首相を選ぶので政治運営が安定しやすいが、国のトップに民意が反映されにくい特徴」があります。

「大統領制」では基本的に任期満了まで大統領を罷免する方法がありませんが、「議院内閣制」には「議会の内閣不信任案」が可決されれば首相を辞めさせることができる違いもあります。

まとめ

「大統領制」「議院内閣制」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「大統領制」「国民が大統領を選出する政治制度」を意味していますが、「議院内閣制」「議員が内閣総理大臣(首相)を指名する政治制度」を意味している違いがあります。

「大統領制」「議院内閣制」の意味の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。