「バリトンサックス」と「アルトサックス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バリトンサックス」と「アルトサックス」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バリトンサックス」「アルトサックス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「バリトンサックス」とは?

「バリトンサックス」とは?

「バリトンサックス」は、サックス(サキソフォン)と呼ばれる木管楽器の中で、低い音が出る種類になります。

もっと低い音を出す種類もありますが、一般的なオーケストラでは、これが一番低い音のサックスとして使われています。

「バリサク」という愛称があり、この楽器だけでのライブなどが行われることもあります。

サックスの中では後述する「アルトサックス」の次に有名な存在となっています。

「アルトサックス」とは?

「アルトサックス」とは?

「アルトサックス」は、一般にサックスと呼ばれるものがこれになると考えていいでしょう。

「バリトンサックス」より高い音を出すことができ、オーケストラからジャズ、単独での演奏まで幅広く使われている木管楽器です。

これよりも高い音の出る「ソプラノサックス」もありますが、大きなオーケストラでもないとあまり使われることはなく、学生のブラスバンドでは、これが「サックス」と呼ばれる存在になります。

「バリトンサックス」と「アルトサックス」の違い

「バリトンサックス」と「アルトサックス」の違い

「バリトンサックス」「アルトサックス」の違いを、分かりやすく解説します。

これらは見た目ですぐに区別が付き、「バリトンサックス」は、かなり大きい(長い)のに対し、「アルトサックス」は、その2/3程度の大きさです。

この楽器は、見た目が大きいほど低い音を出すと考えて構いません。

よって、先に挙げた「ソプラノサックス」は、「アルトサックス」より小さく、「バリトンサックス」より音が低い「バスサックス」は、それよりももっと大きくなります。

尚、この「サックス」は、どう見ても金属製なのに、木管楽器なのはこれ如何に、とよく言われますが、この木管楽器や金管楽器という区分けは、本体の材質ではなく、金属製のマウスピースに唇を押し当てて吹くかどうかの違いになります。

そのような楽器が金管楽器と呼ばれ、竹製のリードが使われる「サックス」はそれではない為、木管楽器に分類されます。

まとめ

まとめ

「バリトンサックス」「アルトサックス」は、このような違いになります。

大きさで一目で分かり、「アルトサックス」は、一般的に「サックス」と呼ばれているもので、「バリトンサックス」より高い音を出すと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物