「ヘビメタ」と「パンク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヘビメタ」と「パンク」の違い 音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヘビメタ」「パンク」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ヘビメタ」とは?

「ヘビメタ」の意味と概要について紹介します。

「ヘビメタ」の意味

「ヘビメタ」とは、「日本独特の、見た目が派手で、重低音をメインにした、大音響で楽しむ音楽のこと」です。

「ヘビメタ」の概要

「ヘビメタ」とは、「ヘビーメタルロック」の略語で、「重金属ロック」という意味です。

本来はドラムとベースの重低音をメインにしたリズムで、ドラムは太いスティックを使用したり、バスドラムを2つ使うなど、とにかく大きくて重たい音を出すことから名づけられました。

1970年代にイギリスで発祥した「ハードロック」の派生として海外で広まりました。

日本では、この「ヘビーメタルロック」が独自に発展して、ビジュアルな要素も加わる様になりました。

現在では派手な髪の色や衣装やメイクのバンドのことを「ヘビメタ」と呼ぶ様になっています。

「パンク」とは?

「パンク」の意味と概要について紹介します。

「パンク」の意味

「パンク」は、「反体制を掲げた歌詞が特徴の音楽のこと」です。

「パンク」の概要

「パンク」「パンク・ロック」とも呼ばれ、「不良の音楽」を表します。

1970年代にイギリスで発祥した音楽で、速いスピードの音楽に「反体制・反政府」を主題にした歌詞を吐き捨てる様に歌うのが特徴です。

ルックスはレザーにダメージシャツやジーンズなどを合わせていて、髪の毛は短いのが特徴です。

メロディーよりもメッセージ性を重視していて、1曲3分程度で終わることも多くなります。

「ヘビメタ」と「パンク」の違い!

「ヘビメタ」「日本独特に発展した、ビジュアル要素の強い重低音の音楽」です。

「パンク」「反体制を掲げた速いリズムの音楽」です。

まとめ

今回は「ヘビメタ」「パンク」の違いをお伝えしました。

「ヘビメタは重低音+ビジュアル」「パンクは反体制」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物