「同僚」と「先輩」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「同僚」と「先輩」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「同僚」「先輩」の違いを分かりやすく説明していきます。

「同僚」とは?

「同僚」とは、同じ職場で働いている者同士で、同じような立場、同じぐらいの勤務年数の人のことを言います。

立場や勤務年数の上下関係が少ない場合は「先輩」「後輩」ではなく、例えば「一つ上の同僚」「二つ下の同僚」と言ってもおかしくはないでしょう。

また年齢に差があっても同時期に職場に入ったのであれば「同僚」となります。

「先輩」とは?

「先輩」とは、同じ学校、職場で自分より先に入った人のことを言います。

一般的に年齢が自分より年上、立場的に自分より先に進んでいる人などを言う言葉となります。

職場などでは高卒入社、大卒入社、中途入社など様々な入社の形がありますので、自分より年齢が若くても経験年数が多い、出世していて立場が上ということはよくあることです。

そのような場合は年下であっても「先輩」となるのです。

「同僚」と「先輩」の違い!

「同僚」「先輩」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は職場などでよく使われる言葉ですが、意味はまったく違うものです。

まず「同僚」とは自分と同格であるという時に使います。

年齢や立場など多少上下はあっても、関係性が良く対等であると思えば「同僚」と言うでしょう。

一方で「先輩」ですが、これは完全に自分より年が上、入社時期が先、立場が上の時に使う言い方です。

例えば「先輩」となる人が上下関係にこだわるタイプであれば、職場に入った時期が一か月早いだけでも「先輩」と呼ばせることもあります。

また年齢、入社時期が同じで最初は「同僚」であっても、片方が大きく出世してしまいますと、そこからは「同僚」という言葉は適当ではなくなり、「自分より先(上)を行く人」ということで「先輩」もしくは「上司」となることもあります。

職場においては「先輩」「後輩」「同僚」という立場は、出世によって「上司」「部下」となりますのでずっと同じ関係性を保てるとは限らないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「同僚」「先輩」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

年齢や入社した時期だけでなく、その業務に長く携わっているといったことも関係してきます。

状況をよく見て、どのように呼ぶのか考えることが必要です。