「関連」と「関係」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関連」と「関係」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスや日常会話で「関連」「関係」の使い分けに迷うことがあります。

一体どの様な点が違うのか、それぞれの言葉の意味についても紹介します。

「関連」とは?

「関連」の意味と使い方について紹介します。

意味

「関連」とは、「あるものごとと他のものごとの間に直接的なつながりがあること」という意味です。

2つ以上のものごとに、何らかのつながりがあり、辿ると続いてつながっていくことを言います。

使い方

「関連」は、あるものとつながりがあり、容易に連想できるものに対して使われます。

例えば、「アパレル関連」の場合には、「アパレルショップの販売」「アパレル会社の従業員」「デザイナー」「パタンナー」「バイヤー」など、直接アパレル会社に携わる職業に対して使われます。

「関係」とは?

「関係」の意味と使い方について紹介します。

意味

「関係」とは、「あるものごとが何らかのかかわりを持つこと」という意味です。

相手と少しでもかかわりがあることを表しています。

使い方

「関係」は、対象が「人と人」「人と物」「物と物」に対して使えます。

特に人同士は「親子関係」「恋人関係」「人間関係」など「関係」が使われ、「関連」は使われません。

また、「アパレル関係」と言えば、直接「アパレル会社」でなくても、布地のメーカーやブランド買取りなどの仕事も含まれます。

「関連」と「関係」の違い!

「関連」は、「その人やものごとに直接つながりのあること」を表します。

「関係」は、「その人やものごとに間接的にでもかかわりを持つこと」を表します。

2つの違いは「直接的か間接的か」という点です。

まとめ

「関連」「関係」は、似ている様で微妙に違いがあります。

あまりはっきりと言いたくない時などに、状況に応じて使うと良いでしょう。