スポンサーリンク

「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違いスポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クラシックバレエ」「モダンバレエ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クラシックバレエ」とは?

「クラシックバレエ」とは?

「クラシックバレエ」の意味と概要について紹介します。

「クラシックバレエ」の意味

「クラシックバレエ」とは「19世紀に発祥した古典的な作品で、ストーリー性があり、形式重視するもの」という意味です。

「クラシックバレエ」の概要

「クラシックバレエ」は、19世紀後半にロシアで発祥した踊りで、以来現在まで踊り継がれている古典作品のことを言います。

ひとつひとつの動きに細かい決まりがあり、元の形式をどこまで忠実に守れるかが重視されます。

昔から同じ振り付けで、衣装も構成もほぼ同じであることが求められています。

音楽は、クラシック音楽が使われ、三大バレエ音楽としてチャイコフスキー作曲の「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」が知られています。

「モダンバレエ」とは?

「モダンバレエ」とは?

「モダンバレエ」の意味と概要について紹介します。

「モダンバレエ」の意味

「モダンバレエ」とは「20世紀に発祥した現代的な作品で、自由な題材で独創性を重視するもの」という意味です。

「モダンバレエ」の概要

「モダンバレエ」は、20世紀初頭にロシアで発祥した踊りで、バレエのジャンルの中で近代作品のことを言います。

振り付け師が自由に選曲をして、決まった踊り方はなく、いかに独創性があるかが重視されます。

題材は自由で、ストーリー性があるものから、全く抽象的な内容の作品もあります。

衣装は作品により変わり、様々なコスチュームを着たり、作品によっては裸足で踊ることもあります。

現在ではニジンスキーが振り付けをした「牧神の午後」「春の祭典」が知られています。

「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違い!

「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違い!

「クラシックバレエ」「古典的で形式を重んじる踊り方」です。

「モダンバレエ」「現代的で独創性を重視する踊り方」です。

まとめ

まとめ

今回は「クラシックバレエ」「モダンバレエ」の違いをお伝えしました。

「昔からあるのがクラシックバレエ」「近代的なのがモダンバレエ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物