「リンス」と「トリートメント」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リンス」と「トリートメント」違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リンス」「トリートメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

「リンス」とは?

「リンス」とは?

「リンス」とは、シャンプー後の髪の毛に、それをしなやかにしたり、光沢が出るように使われる薬剤です。

つまり、シャンプーだけでは出ない髪の流れだったり、つやを出す為にコーティングするものだと考えていいでしょう。

ある程度の時間、その効果が持続しますが、コーティングに過ぎない為、次のシャンプーで洗い流されてしまい、永続的な作用がある訳ではありません。

その為、同じ効果を出したければ、シャンプーの都度「リンス」が必要になります。

「トリートメント」とは?

「トリートメント」とは?

「トリートメント」とは、髪の毛の中に作用する薬剤で、ハリを出したり、元気にする為に用いられます。

「リンス」の効果は表面的なものですが、こちらは髪の毛の中から効果が発揮される点が大きな違いになります。

こちらもシャンプーの後に使われるもので、これによって育毛の促進となったり、綺麗なまま保つといったことが可能になります。

先の「リンス」が外面的なお化粧だとすれば、こちらは内部からの改善に当たると考えてください。

「リンス」と「トリートメント」の違い

「リンス」と「トリートメント」の違い

「リンス」「トリートメント」の違いを、分かりやすく解説します。

「リンス」は、「コンディショナー」と呼ばれることもあり、前述のように、外面的な髪の毛に対するお化粧になります。

中には、痛んだ髪の修復作用が含まれるものもあり、お肌に対する薬用化粧品といった位置付けだと考えると分かりやすいでしょう。

「トリートメント」は、髪の毛の内部に作用する薬剤で、その内側から栄養を与えることが目的になります。

両方を使う場合には、「トリートメント」「リンス」の順で使ってください。

先に「リンス」をしてしまうと、髪の毛がコーティングされてしまい、「トリートメント」の成分がうまくその中に浸透しなくなってしまうので注意が必要です。

まとめ

まとめ

「リンス」「トリートメント」は、このように異なります。

「リンス」の効果も含む「トリートメント」も存在し、美容院などの専門店ではそのようなものがよく使用されています。