ホスト用語の「掛け飛び」と「掛け遅れ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「掛け飛び」と「掛け遅れ」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ホスト用語の「掛け飛び」「掛け遅れ」の違いを分かりやすく説明していきます。

ホスト用語の「掛け飛び」とは?

ホスト用語の「掛け飛び」の意味と概要について紹介します。

ホスト用語の「掛け飛び」の意味

ホスト用語の「掛け飛び」は、「お客がツケを支払わずに音信不通や行方知れずになった状態のこと」という意味です。

ホスト用語の「掛け飛び」の概要

ホスト用語の「掛け飛び」とは、「掛け代金が飛ぶこと」の略です。

女性客が、それまでの利用料金を掛けにしていて、それを踏み倒そうと音信不通になったり、行方が分からなくなること言います。

基本的に、女性客がホストクラブでお金を使い、持ち合わせがないなどの場合には、ホストが立て替えることが多くなります。

しかし何度も利用するうちにツケ(掛け代金)が増えてしまい、女性客がお金が払えずに音信不通になってしまうことがあるのです。

掛け代金を回収できなかった場合、ホストの給料から天引きされてしまいます。

ホスト用語の「掛け遅れ」とは?

ホスト用語の「掛け遅れ」の意味と概要について紹介します。

ホスト用語の「掛け遅れ」の意味

ホスト用語の「掛け遅れ」は、「お客のツケの支払いが遅れている状態のこと」になります。

ホスト用語の「掛け遅れ」の概要

ホスト用語の「掛け遅れ」は、「掛け代金の支払いが遅れること」の略です。

先に紹介した「掛け飛び」の前段階で、掛け代金が支払われていない状態のことを言います。

ホストは掛け代金が回収できないと、その金額を給料から天引きされてしまいますので、必死に連絡を取ったり、家まで訪ねていくこともあります。

ホスト用語の「掛け飛び」と「掛け遅れ」の違い!

「掛け飛び」は、「ホストクラブの飲食代金を支払わず、音信不通になったり行方をくらますこと」です。

「掛け遅れ」は、「ホストクラブの飲食代金の支払いが遅れている状態のこと」です。

まとめ

今回はホスト用語の「掛け飛び」「掛け遅れ」の違いをお伝えしました。

「掛け飛びは踏み倒されること」「掛け遅れはまだ支払って貰える可能性があること」と覚えておきましょう。