スポンサーリンク

「リハーサル」と「ランスルー」と「ゲネプロ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リハーサル」と「ランスルー」と「ゲネプロ」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リハーサル」「ランスルー」「ゲネプロ」の違いを分かりやすく説明していきます。

カタカナ語である3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「リハーサル」とは?

「リハーサル」とは?

「リハーサル」「rehearsal」と英語表記します。

「リハーサル」は、「演劇や音楽、放送などで本番前に行う稽古。

予行演習」
という意味があります。

「リハーサル」の言葉の使い方

演劇の舞台の練習時に、一度、始めから終わりまで演じてみるような場合に、「リハーサル」という言葉を使うことができます。

例えば、劇団に入団したいと希望している人が、演劇の本番前の練習を見せてもらうような場合は、「入団希望者が、リハーサルを見学する」などという文章を作ることができます。

「ランスルー」とは?

「ランスルー」とは?

「ランスルー」「run-through」と英語表記します。

「ランスルー」は、「テレビ放送などで、すべて本番と同じように行う通し稽古」という意味があります。

「ランスルー」の言葉の使い方

テレビで番組を作るとき、視聴者にどのように見えるのかを確認するために、本番通りの通し稽古を行い、カメラの映り具合や、カメラマンの動き方などを確かめることがあります。

このような場合は、「ランスルーをして、カメラ移りなどを確かめる」などという文章にできます。

「ゲネプロ」とは?

「ゲネプロ」とは?

「ゲネプロ」「generalprobe」とドイツ語表記します。

「ゲネプロ」は、「演劇やオペラ、バレエなどで、初日の公演の前に本番通りの行う稽古」という意味があります。

「ゲネプロ」の言葉の使い方

演劇やオペラの世界で、ほとんど本番と同じように、初日公演の直前に本番通りに行う稽古のことを、「ゲネプロ」と呼びます。

一般の観客を入れていないというだけで、ほとんど本番と同じため、「ゲネプロを見た関係者は、舞台がヒットするかどうか判断できる」などという文章を作ることができます。

「リハーサル」と「ランスルー」と「ゲネプロ」の違い

「リハーサル」と「ランスルー」と「ゲネプロ」の違い

「リハーサル」「ランスルー」「ゲネプロ」も、本番前に行う通し稽古という意味では、ほとんど同じ意味があります。

ただし、「リハーサル」は、本番直前にするとは限らず、また、本番通りに行う稽古とは限りません。

「ランスルー」「ゲネプロ」は、本番の直前に行う通し稽古という意味で、ほとんど同じ意味になります。

ただし、「ゲネプロ」は、関係者などを集めて行う、まさに本番そのものと言えるような通し稽古なのに対して、「ランスルー」は、通しで稽古をすることで、流れを確かめるような意味合いがあるという違いがあります。

そのため、「リハーサル」「ランスルー」「ゲネプロ」と、稽古の本気度が上がっていく印象になります。

まとめ

まとめ

「リハーサル」「ランスルー」「ゲネプロ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

3つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物