「ピザ」と「ピッツァ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ピザ」と「ピッツァ」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ピザ」「ピッツァ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ピザ」とは?

「ピザ」とは?

「ピザ」は、主に小麦粉とイースト菌で作られた生地をこねた後に発酵させ、円状の形にして、最後にオーブンなどで焼いて作られる料理です。

上に乗せる具材によって、様々な種類の「ピザ」になります。

焼く際の上面には具材の前に、全体的にトマトソースが塗られ、チーズが乗せられるのが定番ですが、これらを使わない「ピザ」も存在します。

具としての定番は、サラミやソーセージ、ポテト(じゃがいも)などで、商売として提供されるものは、オープンではなく、窯を使って焼いた本格的な「ピザ」のことが多いです。

「ピッツァ」とは?

「ピッツァ」とは?

「ピッツァ」とは、先の「ピザ」のイタリア語としての発音になります。

表記として“pizza”を、日本では「ピザ」と読んでいますが、その発祥国であるイタリアでは、この「ピッツァ」と発音しています。

その為、これらの言葉が指す対象は全く同じで、日本語として読んだ場合と、ネイティブに近く発音した場合という違いです。

日本では、「ピザ」で何の問題もありませんが、遭えて「ピッツァ」とすることで、少々おしゃれな感が出ることもあり、その目的でそちらが使われるようなことがあります。

「ピザ」と「ピッツァ」の違い

「ピザ」と「ピッツァ」の違い

「ピザ」「ピッツァ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ピザ」「ピッツァ」は、全く同じ対象を指す言葉なので、意味としての違うというものはありません。

無理にネイティブに近く「ピッツァ」とすることもなく、通常は「ピザ」と使えばいいでしょう。

ですが、少しおしゃれなお店では、メニューで「サラミとポテトのピッツァ」のように用いられていることが少なくなく、そのような場合には、注文の際に(正確に)「ピッツァ」と使うことになりそうです。

まとめ

まとめ

「ピザ」「ピッツァ」は、それぞれこのような言葉になります。

実用的には、「ピザ」とだけ覚えておけば構いませんが、「ピッツァ」も知っておくと、ネイティブではそう発音すると、何かの機会に人に話せるようなことがあるかも知れません。