「爆発」と「爆破」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「爆発」と「爆破」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「爆発」「爆破」の違いを分かりやすく説明していきます。

「爆発」とは?

「爆発」の意味と概要について紹介します。

「爆発」の意味

「爆発」「ばくはつ」と読みます。

意味は、「物質が急激に変化を起こし、体積が膨張して大きな音を出したり、破壊作用を起こすこと」「抑え込まれていた感情が急激に表に出ること」になります。

「爆発」の概要

「爆発」は名詞であり、助動詞を伴って「爆発する・した」と使います。

自動詞であり、そのものが音を立てて破裂することそのものを言います。

「爆発」のメカニズムは、燃焼により温度が上昇して、空間の圧力が高まった時に、弱い部分が耐え切れなくなり破損、そこから一気に高圧の空気が噴出することにより、大きな音が出たり、ものが壊れることです。

基本的に物質が急激に化学反応を起こしたり、容器が破損したり、核反応を起こした時に生じる現象です。

日常的にはガスが充満して何らかの原因により引火した時に起きる「ガス爆発」が起きることもあります。

「爆破」とは?

「爆破」の意味と概要について紹介します。

「爆破」の意味

「爆破」「ばくは」と読みます。

意味は「爆発の衝撃により、物体や物質が壊れて吹き飛ぶこと」になります。

「爆破」の概要

「爆破」は名詞であり、助動詞を伴って「爆破される・された」と使います。

基本的に他動詞であり、誰かによる行為であることから受動態が使われます。

「爆破」は、爆発の衝撃により、建築物や岩石、車両などの大型のものが破壊されることを言い、火薬や爆弾などが使われることが多くなります。

その為に、火薬に関する専門知識が必要であり、普通の人が簡単に「爆破」させることはできません。

「爆発」と「爆破」の違い!

「爆発」は、「ものが吹き飛ぶ現象のこと」です。

「爆破」は、「爆発により、ものが破壊されること」です。

まとめ

今回は「爆発」「爆破」の違いをお伝えしました。

「化学反応により破裂することが爆発」「爆発により破壊されることが爆破」と覚えておきましょう。