「舞踏家」と「ダンサー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「舞踏家」と「ダンサー」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「舞踏家」「ダンサー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「舞踏家」とは?

「舞踏家」とは?

「舞踏家」の意味と概要について紹介します。

「舞踏家」の意味

「舞踏家」「ぶとうか」と読みます。

意味は「舞台芸術としての踊る専門家」「前衛的な踊り、又は暗黒舞踏を踊る人」になります。

「舞踏家」の概要

「舞踏家」とは、舞台で芸術作品として踊りを披露する人のことを言います。

作品の中に出てくるシーンの内容を理解して、観ている人に正しく伝えることを目的としています。

セリフの代わりに雰囲気や内容を表現する為の踊りですので、音楽に合わせて踊ることもあれば、音楽なしで踊ることもあります。

「舞踏家」は作品の世界観を理解する必要があり、ひとつひとつの作品において自分の個性や特徴をも変えていく必要があります。

「ダンサー」とは?

「ダンサー」とは?

「ダンサー」の意味と概要について紹介します。

「ダンサー」の意味

「ダンサー」は、「あらゆるシーンで踊ることを専門にしている人の総称」という意味です。

「ダンサー」の概要

「ダンサー」は英語で“dancer”と書き、「踊る人」という意味があります。

「ダンサー」は、様々なシーンで踊ることを専門としている人のことを言い、舞台で作品の主演として踊ることもあれば、有名人のパフォーマンスを盛り上げる為に背後で踊ることもあります。

基本的に与えられた音楽を自分なりに理解して表現することが求められ、個性的である程注目される傾向があります。

ダンスの種類も「社交ダンス」「ジャズダンス」「ヒップホップ」「チアダンス」など幅広くあります。

「舞踏家」と「ダンサー」の違い!

「舞踏家」と「ダンサー」の違い!

「舞踏家」は、「舞台芸術として踊る専門家のこと」です。

「ダンサー」は、「あらゆるシーンで踊ることを専門にしている人のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「舞踏家」「ダンサー」の違いをお伝えしました。

「舞台芸術として踊るのが舞踏家」「あらゆる場面で踊るのがダンサー」と覚えておきましょう。