「edm」と「トランス」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「edm」と「トランス」の違い 音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「edm」「トランス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「edm」とは?

「edm」とは、「2000年代のアメリカで商業的に生み出され、ダンスに適したテンポを持つクラブミュージックのジャンル」のことを意味しています。

「edm」は、“Electronic Dance Music”(エレクトロニックダンスミュージック)」の略語です。

「テクノ・ハウス・エレクトロ・トランス」といったクラブミュージックが1980~1990年代に流行した後、しばらく電子楽器のクラブ音楽は衰退していましたが、2000年代にアメリカで「edm」が生まれてから再び人気が回復してきました。

「トランス」とは?

「トランス」とは、「1990年代のドイツで生み出され、人の精神を気持ち良いトランス状態に導くテンポ・メロディーラインを持っているクラブミュージックのジャンル」のことを意味しています。

「トランス」というのは「4分音符が1分間に130~150回の速さ・テンポ」で、「ノリの良さを感じる程度のテンポの速さ」「うねるような快感を感じるメロディーライン」が特徴になっています。

「トランス」には「ゴアトランス」「サイケデリックトランス」など、人の精神を酩酊・陶酔させるような感じの派生ジャンルがあり、「宗教音楽・民族音楽」とも類似したテンポ・メロディーを持っています。

「edm」と「トランス」の違い!

「edm」「トランス」の違いを、分かりやすく解説します。

「edm」「トランス」「クラブで流されるダンスミュージックのジャンル」という点では共通していますが、「edm」のほうが「トランス」よりも新しい時代に生まれて人気になった音楽ジャンル(2000年代以降のクラブ音楽の主流)という違いがあります。

「edm」「2000年代のアメリカ」で作られ、「トランス」「1990年代のドイツ」で生まれたという違いも指摘できます。

「edm」「電子楽器を効果的に使った音楽・4分音符が1分間に120~130回のテンポの音楽」ですが、「トランス」「人の精神を心地よいトランス状態に誘導する音楽・4分音符が1分間に130~150回のテンポの音楽」である違いもあります。

まとめ

「edm」「トランス」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「edm」とは「2000年代のアメリカで商業的に生まれたダンスに適したクラブミュージックのジャンル」を意味していて、「トランス」「1990年代のドイツで生まれた精神を陶酔させるテンポ・メロディー・宗教的雰囲気を持つクラブミュージックのジャンル」を意味している違いがあります。

「edm」「トランス」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物