「CSSトランジション」と「アニメーション」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「CSSトランジション」と「アニメーション」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「CSSトランジション」「アニメーション」の違いを分かりやすく説明していきます。

「CSSトランジション」とは?

「CSSトランジション」とは、「CSS(Cascading Style Sheets)でアニメーションを作成するためのプロパティ」「CSSでHTML要素を変化させてアニメのような動画をつくるプロパティ」のことを意味しています。

「CSSトランジション」のプロパティでは、「transition: 変化の対象 変化の時間 変化の仕方(順不同)」を指定することで、画面を「アニメーション」のように動かせるのです。

アニメのように画面が変化する終わりの状態は、「:hover」などの擬似クラスを用いて表現することができます。

「アニメーション」とは?

「アニメーション」とは、「絵・イラスト・人形などを少しずつ動かして、それを一コマずつ撮影することで動いているように見せられる映像作品・映像手法」「絵・イラストあるいはCGを利用してつくった漫画映画」のことを意味しています。

「アニメーション」というのは、「少しずつ変化している絵・イラストを連続的に表示することで、仮現運動によって動いているように見える映像作品」のことを示しているのです。

「CSSトランジション」と「アニメーション」の違い!

「CSSトランジション」「アニメーション」の違いを、分かりやすく解説します。

「CSSトランジション」というのは、「アニメーションのような動画」を作成するためのCSSのプロパティである「transition」のことです。

「アニメーション」とは、「絵・イラストを一コマずつ連続的に表示することで動いているように見せられる映像作品、動画」のことを意味しています。

「CSSトランジション」「HTML要素の状態の変化によるアニメのような動画」ですが、「アニメーション」というのは「絵・イラストを描いてそれを少しずつ変化させながら撮影することで動いているように見せる動画」を意味している違いがあります。

まとめ

「CSSトランジション」「アニメーション」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「CSSトランジション」とは「CSSでアニメーションを作成するためのプロパティ」を意味していて、「アニメーション」「漫画映画の動画・絵やイラストを連続的に表示する仮現運動を活用した映像手法」を意味している違いがあります。

「CSSトランジション」「アニメーション」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。