「羨ましい」と「嫉妬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「羨ましい」と「嫉妬」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人には色々な感情がありますが、喜怒哀楽があってことそ人でもあるということでしょう。

その感情の中には、「羨ましい」感情や「嫉妬」などの感情もあります。

これらは、人の気持ちを表している言葉ですが、どのようなことを指しているのでしょうか?

そこでここでは、これら「羨ましい」「嫉妬」について見て行くことにしたいと思います。

「羨ましい」とは?意味や使い方

「羨ましい」(うらやましい)とは、「他の人が自分と比べて恵まれているように見えて自分もそのような環境にあればいいのにという気持」「自分よりも優れている人や才能をある人や待遇や環境が良い人などを見て、あんなふうになりたいという気持ち」を指しています。

この言葉の活用例としては、「僕が忙しすぎて暇な人が羨ましい」「彼は常に営業成績がトップで羨ましい限りだ」というようなものが挙げられます。

「嫉妬」とは?意味や使い方

「嫉妬」「しっと」という読み方をしますが、「他の人が自分より恵まれていたり、環境・能力は優れていることに対して恨みや妬み(ねたみ)を持つこと」「自分の愛する人に対する愛情が他に向いてしまい、そのことを恨み憎むこと」という意味があります。

使い方には、「後輩の出世に嫉妬する」「僕の彼女が同僚の子に嫉妬する」といったようなものがあります。

「羨ましい」と「嫉妬」の違い!

では、「羨ましい」「嫉妬」の違いは、どのような点にあるのでしょうか?

どちらの言葉にも、自分より優れていたり、恵まれている状況に対する感情は共通していますが、「羨ましい」には悪い感情はありません。

「彼のようになりたいので努力する」という可能性もありますので、「妬ましい」という感情が含まれていません。

「羨ましい」という気持ちには「憎らしさ」「悔しさ」というマイナス的な気持ちがないのです。

この「妬ましい」には「羨ましくて憎らしくなること」「相手に迷惑をかけてでも、あの人みたいになりたい」という悪い感情が含まれています。

この「妬ましい」「相手に意地悪をしたり、落としめたりするような気持ち」こそが「嫉妬」という感情になるわけです。

まとめ

「羨ましい」「嫉妬」という感情は、人の生活習慣や生まれ持った性格でかなり変わって行くものです。

しかし、「嫉妬」は決して自分にいい影響を及ぼすことがありません。

たとえ「羨ましい」と思っても、その気持ちをきっかけにして、頑張れるようにしたいものです。