スポンサーリンク

「勤怠」と「勤惰」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勤怠」と「勤惰」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勤怠」「勤惰」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勤怠」とは?

「勤怠」とは?

「勤怠(きんたい)」とは、「仕事に勤めることと怠けること」「出勤と欠勤・出席と欠席」を意味している表現です。

「勤怠」という言葉は、企業の従業員の出勤と欠勤を記録して出勤(勤勉)を促す「勤怠管理」という慣用句的な表現で使われることが多くなっています。

例えば、「部下の勤怠を把握して、適切な指導・教育をする勤怠管理も上司の仕事の一つです」といった例文で使用できます。

「勤惰」とは?

「勤惰」とは?

「勤惰(きんだ)」とは、「仕事に励むことと怠けること(勤勉と怠惰)」を意味している言葉です。

「勤惰」には、「出欠・出勤と欠勤・出席と欠席」といった意味合いもあります。

「勤惰」は基本的に「勤怠」と同じ意味を持っている同義語として解釈できますが、「惰」の漢字表記が難しく複雑なこともあり、現代では「勤惰」が実際の書き言葉で使われることは滅多にありません。

例えば、「働き方の勤惰を見ることによって、その人の人格の本質が見えてきます」といった文章などで使うことが可能です。

「勤怠」と「勤惰」の違い!

「勤怠」と「勤惰」の違い!

「勤怠」「勤惰」の違いを、分かりやすく解説します。

「勤怠」「勤惰」「仕事に励むことと怠けること」という基本的に同じ意味合いを持っていますが、現代の言葉の使い方は企業の出欠確認(出勤と欠勤の確認)においては「勤怠」のほうが「勤惰」よりも多く使われている違いがあります。

従業員の出勤と欠勤を確かめて取り仕切る「勤怠管理」という慣用句的な表現が根付いていますが、「勤惰管理」という言い方はしないという違いも指摘できます。

また「勤怠」「怠」の漢字は「怠ける」という意味を持っていますが、「勤惰」「惰」という漢字は「怠けている状態が続く(だらけた状態が惰性で変わりにくい)」のニュアンスがある違いもあります。

まとめ

まとめ

「勤怠」「勤惰」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「勤怠」とは「勤勉と怠惰・仕事に勤めることと怠けること」を意味していて、「勤惰」「仕事に励むことと怠けること」を意味していますが、「勤怠」のほうが現代ではよく使われる表現である違いがあります。

「勤怠」「勤惰」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物