スポンサーリンク

「薄利多売」と「多売薄利」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「薄利多売」と「多売薄利」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「薄利多売」「多売薄利」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「薄利多売」とは?

「薄利多売(はくりたばい)」とは、「一つ一つの商品の利益は小さくても大量に売ることによって、全体の差し引きでは利益を出せることやその商法」を意味しています。

「薄利多売」というのは、「利益率の低い商品・サービスを大量に製造したり販売したりすることによって、トータルでは利益を出せるという商売(ビジネス)のやり方」を意味しているビジネスモデルに関連する言葉です。

「多売薄利」とは?

「多売薄利(たばいはくり)」とは、「店頭・ネットなどで大量の商品が売れてはいるけれど、利益率が低いために、結果として利益が小さかったりなかったりすること」を意味しています。

「多売薄利」というのは、「極端な安売りをするなどして、商品・サービスはたくさん売れてはいるが、実際には利益が出ていないこと」を意味しているネガティブなニュアンスのある言葉なのです。

「薄利多売」と「多売薄利」の違い!

「薄利多売」「多売薄利」の違いを、分かりやすく解説します。

「薄利多売」「多売薄利」は言葉の順番を入れ替えただけなのですが、正反対の意味を持っている二つの言葉です。

「薄利多売」という表現は、「一つの商品の利益率が低くても大量に売ることによって、全体としては利益を出せることやその商売のやり方」を意味しています。

薄利多売に対して「多売薄利」というのは、「商品・サービスは大量に売れてはいるけれど、結果として利益が少なかったり出なかったりすること」を意味しているという違いを指摘できます。

「薄利多売」「利益を出すための安く大量に売る商法」「多売薄利」「商品はたくさん売れているが結果として利益が少ないこと」を意味しているのです。

まとめ

「薄利多売」「多売薄利」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「薄利多売」とは「一つの商品の利益を小さくすることで大量に売り、全体としての利益が上がるようにすること・商法」を意味していて、「多売薄利」「商品は大量に売れているけれど、利益率が低い商品で儲からないこと・利益が少ないこと」を意味している違いがあります。

「薄利多売」「多売薄利」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。