「怖い上司」と「厳しい上司」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「怖い上司」と「厳しい上司」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「怖い上司」「厳しい上司」の違いを分かりやすく説明していきます。

「怖い上司」とは?

「怖い上司」とは自分にとって危険な存在、危害を加えられそうで逃げたいような気持ちにさせる上司のことを言います。

また、軽々しく見ることはできない、大きな力を持っている上司のことでもあります。

簡単に言えば、ちょっとしたことでも激しく怒る、暴力的な言動がある、雰囲気が近寄りがたい、大きな権力を持っているといった上司を「怖い上司」と言い表します。

「怖い上司がいるから、仕事に行きたくないと姉が嘆いていた」「怖い上司だが、仕事は一流なので誰も文句は言えない」などと、使います。

「厳しい上司」とは?

「厳しい上司」とは、仕事において、不正、怠慢、失敗などをまったく許さない上司のことを言います。

また「これぐらいでいいよ」という甘さもありません。

「彼女は新人時代に、厳しい上司のもとにいたので仕事ができる」「厳しい上司だけど、みんなに公平なのでわりと人気がある」「厳しい上司なので、私の言い訳は聞いてもらえないだろう」などと、使います。

「怖い上司」と「厳しい上司」の違い!

「怖い上司」「厳しい上司」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらの上司もあまり部下に好かれるタイプではないという共通点があります。

同じような印象を受ける言葉ですが、微妙な違いがありますので、それを見ていきましょう。

まず「怖い上司」ですが、これは自分に危害を加えてきそうだから逃げたい、そのような気持ちを起こさせる上司のことです。

言動が激しい、表情がきつい、といった性格を持っているとも言えるでしょうか。

一方の「厳しい上司」は、仕事において、不正、怠慢、失敗などをまったく許さない性格で、部下に対して手加減がないといった上司のことです。

まとめますと「怖い上司は、自分に危害を加えてきそうな気持ちになる、身がすくむ、そのような言動、性格が激しい上司のこと」「厳しい上司は、仕事において手加減がない、甘さがなく人を寄せつけない上司のこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「怖い上司」「厳しい上司」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらもあまり歓迎されないタイプの上司です。

微妙な違いを理解して使い分けてください。