スポンサーリンク

「負けず嫌い」と「プライドが高い」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「負けず嫌い」と「プライドが高い」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「負けず嫌い」「プライドが高い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「負けず嫌い」とは?

「負けず嫌い」とは、自分が人に負けることが嫌いで、頑張ることという意味があります。

また、そのような性質の人を「負けず嫌い」と言い表します。

「彼は、負けず嫌いだから、いつだって人よりも多く練習している」「君が負けず嫌いなのはわかるけれど、相手の実力を認める潔さも必要じゃないか」などと、使います。

「プライドが高い」とは?

「プライドが高い」とは、自尊心や自負心が強いという意味になります。

自尊心とは自分を優秀だと思う気持ちですが、これが強すぎますと、自信過剰な人と見られることもあります。

自負心とは自分の才能に自信、誇りを持つ心という意味になります。

「プライド」はその人にとって大事なことであり、あった方がいいものです。

「プライドが高い」とはその状態が強いといった意味になります。

実際のところは、それほど優秀でなくても自分はとても優秀だと思い込み「プライドが高い」だけの人もいます。

そのような人は「あの人はプライドが高い」と言って、敬遠される傾向にあります。

「負けず嫌い」と「プライドが高い」の違い!

「負けず嫌い」「プライドが高い」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つはそれぞれ別の意味を持つ言葉です。

「負けず嫌い」とは人に負けるのが嫌いで、なにごとにも頑張ることを言います。

しかしそのような性質の人に「負けず嫌いではない人」が競争心を燃やされますと迷惑に感じてしまうこともあります。

ですから「負けず嫌い」「競争心が強い嫌な性格」といったイメージを持たれてしまう場合もあります。

一方で「プライドが高い」という言葉ですが、これは自尊心、自負心が強いことを言います。

自分が優秀であると思う気持ち、自分の才能に自信を持つ心が強い人のことでもあります。

人の性格として「プライドが高い」「負けず嫌い」がセットになっていることもよくあることです。

ですが、それが良い性格として好かれるかどうかと言えば別問題となります。

好意的に受け取られるか、敬遠されるかは、人によって様々です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「負けず嫌い」「プライドが高い」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して覚えておくようにしましょう。