「厨房」と「キッチン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厨房」と「キッチン」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厨房」「キッチン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「厨房」とは?

「厨房(ちゅうぼう)」とは、「レストラン・食堂・カフェ・学校・病院・工場などにおける比較的規模の大きい調理施設」のことを意味している言葉です。

「厨房」という表現は、「一般家庭用の小さな台所ではなく、業務用の広くて機能が充実した調理施設」の意味のニュアンスを持っています。

例えば、「レストランの厨房に入る時は、入念な手洗いとうがいを行っています」といった例文で使えます。

「キッチン」とは?

「キッチン」とは、「一般家庭用の小さな台所」「レストラン・食堂・工場・学校・病院などにおける業務用の規模の大きな厨房」の両方を意味している英語です。

「キッチン」を英語で表記すると、“kitchen”になります。

「キッチン」という英語は「料理をするための調理施設全般」を意味しているので、日本語の「台所と厨房のような意味の区別」がないところに特徴があります。

「厨房」と「キッチン」の違い!

「厨房」「キッチン」の違いを、分かりやすく解説します。

「厨房」「キッチン」「料理をつくるための調理施設」を意味している言葉という点では同じですが、「キッチン」という英語は「レストラン・食堂・病院などの業務用の規模の大きな厨房」「一般家庭用の台所」を合わせた概念になっている違いがあります。

「厨房」という言葉は、「家族の料理をつくるための一般的な家庭用の台所」ではなくて、「複数(大勢)の人の料理をつくるための業務用の規模の大きな調理施設」のことを意味しているのです。

英語である「キッチン」「厨房と台所を区別しない概念」であるため、家庭用でも事業用でもどちらの調理施設のことも表現できる違いを指摘できます。

まとめ

「厨房」「キッチン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「厨房」とは「一般家庭の台所ではないレストラン・食堂・喫茶店・学校・工場などにおける比較的規模の大きい調理設備」を意味していて、「キッチン」「一般家庭の台所あるいは事業用の規模の大きな厨房のこと」を意味している違いがあります。

「厨房」「キッチン」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。