「風景」と「光景」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「風景」と「光景」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「風景」「光景」の違いを分かりやすく説明していきます。

「風景」とは?

「風景(ふうけい)」とは、「目に映る広い範囲にわたる自然の眺め・目の前に広がる景色」のことを意味している言葉です。

「風景」という表現には、「その場面の様子・状況・ありさま」「良い意味で心を揺さぶられる情景(味わい・心地よさ・安らぎなどを感じる情景)」の意味合いがあります。

例えば、「穏やかな田園風景が広がっていました」「ホテルから見える素敵な風景」などの文章で使用できます。

「光景」とは?

「光景(こうけい)」とは、「目の前に広がっている景色や眺め」のことを意味している表現です。

「光景」という言葉には、「ある場面・状況の具体的な様子」「良い意味でも悪い意味でも印象に残るありさま」の意味合いもあります。

例えば、「初めて見る美しい光景に感動しました」「恐ろしい光景を目の当たりにしました」といった例文で使われます。

「風景」と「光景」の違い!

「風景」「光景」の違いを、分かりやすく解説します。

「風景」「光景」「目の前に広がっている眺め・景色」という意味合いは同じなのですが、「風景」「光景」と比べると「良い意味で心を揺さぶられる様子・情景」といった意味のニュアンスが強くなっています。

「風景」という表現には「味わい・趣きを感じる状況」「心地よさ・安らぎを感じるありさま(情景)」といった意味合いが含まれていますが、「光景」「必ずしも良い心理的影響を受ける情景ではない」という違いがあるのです。

例えば、「悲惨な光景を目の前にしました」とは言いますが、「悲惨な風景を目の前にしました」という表現をすることはないといった違いを指摘することができます。

まとめ

「風景」「光景」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「風景」とは「目の前に広がる景色・心を良い意味で揺さぶられる情景や場面」を意味していて、「光景」「目の前に広がる眺め・ある場面の具体的なありさま(良い意味でも悪い意味でも印象に残るありさま・状況)」を意味している違いがあります。

「風景」「光景」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。