スポンサーリンク

「ローストチキン」と「フライドチキン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ローストチキン」と「フライドチキン」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ローストチキン」「フライドチキン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ローストチキン」とは?

「ローストチキン」とは?

「ローストチキン」の意味と概要について紹介します。

「ローストチキン」の意味

「ローストチキン」とは、「鶏肉の内部に詰め物を入れて、オーブンで焼いた料理のこと」です。

「ローストチキン」の概要

「ローストチキン」は、鶏肉の中身を抜き、塩やコショウ、ガーリックなどの香辛料や、オレガノ・タイム・ローズマリーなどのハーブを加えて、オーブンで焼き上げたものを言い、クリスマスのごちそうとして日本でも親しまれています。

中に刻んだ野菜やライスなどの詰め物をする場合もあります。

「ロースト」は英語では“roast”と書き、「肉の塊・野菜などをあぶり焼きにする」「じか火で焼く」「オーブンで強く熱する」という意味で、「ローストチキン」「鶏の丸焼き」という意味になります。

「フライドチキン」とは?

「フライドチキン」とは?

「フライドチキン」の意味と概要について紹介します。

「フライドチキン」の意味

「フライドチキン」とは、「鶏肉に調味した小麦粉をまぶし、油で揚げた料理のこと」です。

「フライドチキン」の概要

「フライドチキン」は、鶏肉を適当に切り分け、ハーブやスパイスなどで味付けをして、小麦粉をまぶし、油で揚げた料理のことを言います。

日本ではファーストフード店でお馴染みの料理で、骨がついていることが多くなります。

「フライドチキン」は英語の“fry”からきていて「油で焼く、炒める」という意味で、日本で言う「鶏の唐揚げ」のイメージになります。

ただし、日本の唐揚げは醤油で味付けするもので、ハーブやスパイスを使う「フライドチキン」とは全く違います。

「ローストチキン」と「フライドチキン」の違い!

「ローストチキン」と「フライドチキン」の違い!

「ローストチキン」「鶏肉をオーブンで焼き上げた料理」です。

「フライドチキン」「鶏肉を油で揚げた料理」です。

まとめ

まとめ

今回は「ローストチキン」「フライドチキン」の違いをお伝えしました。

「ローストチキンはオーブンで焼く」「フライドチキンは油で揚げる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物