「日本酒」と「焼酎」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日本酒」と「焼酎」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日本酒」「焼酎」の違いを分かりやすく説明していきます。

「日本酒」とは?

「日本酒」とは?

「日本酒」の意味と概要について紹介します。

「日本酒」の意味

「日本酒」「にほんしゅ」と読みます。

意味は「米を発酵させて造った醸造酒のこと」です。

「日本酒」の概要

「日本酒」は、「醸造酒」の一種です。

「醸造酒」とは、果実や穀物を原料にして、酵母を使いアルコーを発酵させたお酒のことです。

「日本酒」は原材料であるお米を一度蒸してから発酵させて、独特の風味を出しています。

また、酒税法により、「日本酒」のアルコール度数は22度未満と定められています。

市販されている「日本酒」の多くはアルコール度数が15度前後となっています。

「日本酒」は基本的に何かと混ぜたりせずに、そのまま飲む為に作られています。

飲み方としては「冷(ひや)」「燗(かん)」があり、温度により風味の違いが楽しめます。

「焼酎」とは?

「焼酎」とは?

「焼酎」の意味と概要について紹介します。

「焼酎」の意味

「焼酎」「しょうちゅう」と読みます。

意味は「さまざまな原料を発酵させて醸造させたものを蒸留させて作った蒸留酒のこと」です。

「焼酎」の概要

「焼酎」は、「蒸留酒」の一種です。

蒸留酒とは、酵母で発酵させて一度「醸造酒」を作り、それを蒸留して、アルコール度数を高めたものを言います。

「焼酎」の原材料はさまざまで、「芋焼酎」「米焼酎」「麦焼酎」などと呼ばれています。

アルコール度数は、甲類は36度未満、乙類は45度以下と決められています。

因みに、「甲類」「乙類」の違いは、蒸留方法によるものです。

市販の焼酎のアルコール度数は20度~25度と、「日本酒」よりも高くなっています。

「日本酒」と「焼酎」の違い!

「日本酒」と「焼酎」の違い!

「日本酒」「米を原材料にした醸造酒のこと」です。

「焼酎」「米や麦、芋などを原材料にした蒸留酒のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「日本酒」「焼酎」の違いをお伝えしました。

「日本酒は醸造酒」「焼酎は蒸留酒」と覚えておきましょう。