「バリエーション」と「ラインナップ」と違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バリエーション」と「ラインナップ」と違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バリエーション」「ラインナップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「バリエーション」とは?

「バリエーション」とは、変化の形や姿という解釈になる言葉です。

「カラーバリエーション」とすると、色違いのそれらのことになり、「技のバリエーションが豊富な選手だ」と使った時には、数々の技をもっている選手だと解釈することができます。

よって、「種類」と考えると分かりやすく、対象になるものの「パターン」のことだと解釈してください。

その為、色であれば、その色のパターン、種類が「バリエーション」と呼ばれると考えていいでしょう。

「ラインナップ」とは?

「ラインナップ」は、対象となるものの「全種類」という意味になります。

「かなりの数がラインナップされている」のような使い方をされる言葉で、それだけ種類が多いという意味になると捉えてください。

野球で使われると、1~9番の打順のことになり、「全選手」を表現してます。

そのような、対象の全ての種類、構成という意味で広く使われている言葉です。

「バリエーション」と「ラインナップ」の違い

「バリエーション」「ラインナップ」の違いを、分かりやすく解説します。

これらの違いを簡単に説明すると、「バリエーション」「種類(構成、形態なども含む)」のことで、「ラインナップ」「全種類(こちらも構成、形態なども含む)」の表現になります。

「バリエーションの数」と使われると、どれだけ種類があるのかと言っており、これは「ラインナップ」の一言で置き換えることができます。

「自信のあるラインナップだ」とした時には、全種類とも自信があると言っていると考えていいでしょう。

まとめ

「バリエーション」「ラインナップ」は、このように異なります。

似た意味になりますが、「ラインナップ」とすると、それだけで全部の種類や構成といった意味を表現できます。

「バリエーション」は、それが多い、少ない、増やしたいなどと用いられることが多い言葉です。