スポンサーリンク

「スタッカート」と「アクセント」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スタッカート」と「アクセント」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スタッカート」「アクセント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スタッカート」とは?

「スタッカート」の意味と概要について紹介します。

「スタッカート」の意味

「スタッカート」は、「音符を本来の長さより短く演奏する記号のこと」という意味です。

「スタッカート」の概要

「スタッカート」は、その音符を、本来の長さよりも短く演奏することを言い、基本的に幾つかの流れのある♪にまとめて指示を出されることが多くなります。

ひとつひとつを跳ねる様に演奏するというイメージがありますが、正しくは「本来の長さよりも短く音を出すこと」であり、「音の長さ」を調節する楽譜記号です。

基本的に、「四分音符→八分音符」「八分音符→十六分音符」と、半分の長さを目安にします。

音を短く切り上げることばかりに集中すると、力が入ってしまい音が大き過ぎてしまうこともあります。

「アクセント」とは?

「アクセント」の意味と概要について紹介します。

「アクセント」の意味

「アクセント」は、「特定の音譜を特に強調して演奏する記号のこと」という意味です。

「アクセント」の概要

「アクセント」は、記号が振られた音譜を特に大きな音量で演奏することを言います。

決して音を切って演奏するのではなく、「その音だけが強調されて聞こえる様にすること」であり、「音の大きさ」を調節する楽譜記号です。

「アクセント」を付けることで曲にメリハリが出て、音楽の表現が豊かになります。

初心者は「アクセント」「スタッカート」が同じ音になってしまうこともあるのです。

「スタッカート」と「アクセント」の違い!

「スタッカート」「音の長さを本来よりも短く演奏すること」です。

「アクセント」「音の大きさを強く演奏すること」です。

まとめ

今回は「スタッカート」「アクセント」の違いをお伝えしました。

「スタッカートは音を短く鳴らす」「アクセントは音を強く鳴らす」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物