スポンサーリンク

「バイオリン」と「ヴィオラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイオリン」と「ヴィオラ」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「バイオリン」「ヴィオラ」という楽器がどのようなものなのかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「バイオリン」「ヴィオラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バイオリン」とは?

「バイオリン」とは?

「バイオリン」「弦楽器の一種で高音楽器」です。

バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの楽器の中では最も小さいサイズであり、「最も高音域を出す楽器」でもあります。

完全五度に調弦された弦を弓で擦って音を出すのですが、基本的には4弦で、低音域に弦を足した5弦や6弦以上の「バイオリン」もあります。

「ヴィオラ」とは?

「ヴィオラ」とは?

「ヴィオラ」「西洋音楽で使われるヴァイオリン属に入る弦楽器の1つで合奏や重奏の中では中音部を受け持っている楽器」です。

「バイオリン」と「ヴィオラ」の違い

「バイオリン」と「ヴィオラ」の違い

では、ここで「バイオリン」「ヴィオラ」の違いを見て行くことにいたしましょう。

どのような違いがあるでしょうか?「バイオリン」「弦楽器の一種で高音楽器」です。

「バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスのの中で最も小さくて高音域を出す楽器」一方の「ヴィオラ」「西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器で合奏や重奏の中では中音部を受け持つ弦楽器」です。

「バイオリン」の例文

「バイオリン」の例文

では、ここで「バイオリン」の例文を見て行くことにいたしましょう。

「バイオリン」を使った文章にはどのようなものが考えられるでしょうか?
・『バイオリンはなんと4世紀半も以前前、ほとんど完全な形で登場した長寿楽器と言えるでしょう。

発祥は狩猟や戦争に使われていた物騒な弓からヒントを得たとされており、それとは対照的に優雅なバイオリンとして発展したという説もあるのです』

・『バイオリンの重さは僅か400g程度しかありません。

しかもピアノのような鍵盤もフレットがなくて、とてもシンプルな構造の木箱に弦を張っただけの楽器なので、実際に初めて手に取ってみると、あまりの軽さに驚いてしまいます。

「ヴィオラ」の例文

「ヴィオラ」の例文

続いて、「ヴィオラ」の例文を見て行くことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章を見ることができます。

・『ヴィオラとバイオリンは形や大きさはよく似ていますが、ヴィオラの方が音楽的には深みのある落ち着いた太めの音色が特徴です』
・『ヴィオラの価格を見ると、他の弦楽器と同じようにとても価格帯が幅広くて、初心者向けなら数万円で購入できますが、イタリア製の名器とされる楽器であれば、数百万円はおろか数億円までしてしまうものあるのです』

まとめ

まとめ

ここまで「バイオリン」「ヴィオラ」がどのような楽器なのか、その違いも含めて説明してきました。

自分の周りでも「バイオリン」「ヴィオラ」を習っている人や実際に演奏の仕事をされている人もいるのではないでしょうか?その人たちからすると、非常に大切な楽器であることは言うまでもありませんが、数億円もする楽器であれば、手が震えてしまいそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物