スポンサーリンク

「時給」と「日給」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「時給」と「日給」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「時給」「日給」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「時給」とは?

「時給」とは?

「時給」とは、「時間給」と同じ意味になります。

仕事をした時間数によって賃金が支払われることを言います。

「時給900円」と言いますのは、1時間働けば900円という意味になります。

30分であれば半分の450円となるわけです。

アルバイト、パートなどは「時給」という形で働くことが多いでしょう。

「時給が高いけど、仕事量がかなり多いと聞いた」「時給が上がった」「時給1000円以上のバイトを探している」などと使います。

「日給」とは?

「日給」とは?

「日給」とは一日を単位として、決められている給料のことを言います。

例えば「日給月給」という言葉がありますが、これは基本給を月額で決めて、欠勤した日数分を差し引き支払う、もしくは、「日給」を一カ月単位で合算して支払うという意味になります。

例えば「日給」が1万円として、月に20日働いたならば、その月の給料は20万円となるわけです。

「日給月給なので休めばその分給料が減る」「私は日給なので、早上がりはさせてもらえない」などと使います。

「時給」と「日給」の違い!

「時給」と「日給」の違い!

「時給」「日給」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は給料の種類を表しています。

まず「時給」ですがこれは時間給のことを言います。

仕事をした時間数によって給料が払われます。

「時給〇〇円」とよく言いますが、これは1時間働いた時の給料を表しています。

一方の「日給」ですが、これは一日を単位とした給料のことを言います。

アルバイトやパートをする際、しっかり稼ぎたいと思うのであれば「日給」を選ぶ方が長時間働くことができるでしょう。

「時給」の場合は暇な時は「早上がり」などさせられることもあるからです。

一方、空いた時間に少しでも働きたいという場合は「時給」の方が、都合がいいかもしれません。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「時給」「日給」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、使っていくようにしてください。