野球の「送りバント」と「セーフティバンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「送りバント」と「セーフティバンド」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、野球の「送りバント」「セーフティバント」の違いを分かりやすく説明していきます。

「送りバント」とは?

「送りバント」とは、「一塁あるいは二塁に出ている走者を、先の塁に進塁させるために自らが犠牲(アウト)になることを覚悟して行うバント」のことです。

「送りバント」は打者自身はほとんどアウトになることから「犠牲バント」とも呼ばれ、(選手個人の打率が重視される)プロ野球では滅多に見られませんが、(打者が犠牲になってもチームが勝てばいいとする)高校野球では多く採用される戦術です。

「送りバント」というのは、「バットを振らずに構えて、確実にボールをバットに当てることで、一塁(二塁)に出ている走者を進塁させるためのプレイ」を意味しているのです。

三塁にいる走者を本塁に還して得点することを目的とするバントは、「送りバント」と呼ばずに特別に「スクイズ」と呼びます。

「セーフティバント」とは?

「セーフティバント」とは、「打者自身がアウトにならずに、一塁に出塁することを目的として行うバント」のことです。

「セーフティバント」というのは、「主に足の速さに自身のある打者(バッター)が、自分自身が生き残って出塁することを目指して、守備側が取りにくい場所にボールを落とそうとするバント」を意味しているのです。

野球の「送りバント」と「セーフティバント」の違い!

野球の「送りバント」「セーフティバント」の違いを、分かりやすく解説します。

「送りバント」「セーフティバント」「打者がバットを振らずに、バットを構えた姿勢から確実にボールを転がしにいくバント」のことを意味している点では同じですが、「送りバント」「打者自身はアウト(犠牲)になることを前提にして、一塁・二塁にいる走者を進塁させるための犠牲バント」を意味しています。

送りバントに対して「セーフティバント」というのは、「足の速い打者が、自分自身がアウトにならずに一塁に出塁することを目的として行われるバント」であるという違いを指摘することができます。

「送りバント」「一塁か二塁に走者がいる状況」でしか行われませんが、「セーフティバント」「走者がいない状況」でも行われることがある違いもあります。

まとめ

野球の「送りバント」「セーフティバント」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「送りバント」とは「自分自身がアウトになることを前提にした、一塁・二塁にいる走者を進塁させるために行う犠牲バント」を意味していて、「セーフティバント」「打者自身がアウトにならずに出塁することを目的にして行うバント」を意味している違いがあります。

「送りバント」「セーフティバント」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物