スポンサーリンク

「重要視」と「重視」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「重要視」と「重視」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「重要視」「重視」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「重要視」とは?

「重要視」とは?

「重要視(じゅうようし)」とは、「ある人物やある物事について、非常に大切なもの(必要なもの)であると認めていること」を意味しています。

「重要視」という言葉には、「ある人物・ある物事が本質的(根本的)な意味・価値と関わっていて、とても大切なものとして見ている」といった意味のニュアンスが込められていて、「フォーマルな場面・本質と関わる内容・かしこまった文章」などで使われます。

例えば、「私は歴史学において客観的な史料を重要視しています」「あなたが今回のプロジェクトで重要視している内容を教えてください」といったややかしこまった例文で使用することができます。

「重視」とは?

「重視」とは?

「重視(じゅうし)」とは、「ある人物や物事を、大切なもの(大事なもの)として見ていること」を意味している言葉です。

「重視」という表現は「ある人・物事を重んじて見ていること」を示していて、「何かを大切(大事)にしている場合」に気軽に使用することができます。

例えば、「洋服はデザインよりも着心地の良さを重視しています」「若い頃はルックス重視で恋人を選んでいました」などの文章で使われています。

「重要視」と「重視」の違い!

「重要視」と「重視」の違い!

「重要視」「重視」の違いを、分かりやすく解説します。

「重要視」「重視」「ある人物・物事を重んじて見ている」という意味合いでは類似していますが、「重要視」のほうが「重視」よりも「人・物事を重んじる程度が強くて堅苦しさを感じる表現である」という違いがあります。

「重視」「重要視」よりも気軽に使いやすい言葉であり、「何かを大切(大事)にしているという軽いニュアンス」で使用することができますが、「重要視」「ちょっと重んじる程度・少し大切にしている程度」では使えない違いも指摘できます。

例えば、「見た目重視で車を選びました」とは言えますが、「見た目重要視で車を選びました」という表現な通常しないといった違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「重要視」「重視」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「重要視」とは「ある人物やある物事について、本質的で非常に大切・必要なものであると認めていること」を意味していて、「重視」「ある人物や物事について重んじていること、重要なものとして見ていること」を意味している違いがあります。

「重要視」「重視」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。