「自由業」と「自営業」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自由業」と「自営業」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自由業」「自営業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「自由業」とは?

「自由業(じゆうぎょう)」とは、「企業の雇用契約・勤務時間などに縛られていない自由度の高い働き方ができる職業・仕事」のことを意味している言葉です。

「自由業」は、「フリーランスの同義語」になります。

「自由業」というのは「雇用されていないため場所・時間に強く束縛されることがなく、自分自身の技術・才能・資格・経験を活かして働くことができる職業」のことで、「弁護士・芸能人・小説家・作曲家・アーティスト(芸術家)・スポーツ選手」などが当てはまります。

「自営業」とは?

「自営業(じえいぎょう)」とは、「個人事業主としての仕事・事業」「独立して生計を立てている個人事業」のことを意味している経済用語です。

「自営業」という用語は、「会社に雇用されているサラリーマンではない、自分で独立して稼いでいる個人事業」を意味しています。

また「自営業」には、「飲食店・八百屋・理髪店・洋品店などのように、各種の店舗を独立して経営している個人事業」といった意味のニュアンスがあります。

「自由業」と「自営業」の違い!

「自由業」「自営業」の違いを、分かりやすく解説します。

「自由業」「自営業」「企業によって雇われておらず上司がいない自由度の高い仕事」という意味合いは共通していますが、「自営業」のほうが「自由業」よりも「個人事業で経営しているお店があるケースが多い」という違いを指摘できます。

「自営業」というのは、「独立して経営している個人事業主の事業」「飲食店・魚屋・美容院などのように店舗を構えて行う個人事業」のことを意味しています。

自営業に対して「自由業」は、「店舗経営の個人事業主のイメージが弱くて、自分の才能・資格・経験を生かしたフリーランスの仕事が多い」といった違いを持っているのです。

まとめ

「自由業」「自営業」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「自由業」とは「勤務時間・雇用契約などによって束縛されていない自己裁量の範囲が広い職業、フリーランス」を意味していて、「自営業」「個人事業主によって独立して営まれている事業・特に店舗を経営するような個人事業」を意味している違いがあります。

「自由業」「自営業」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。