「飼い猫」と「野良猫」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「飼い猫」と「野良猫」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「飼い猫」「野良猫」の違いを分かりやすく説明していきます。

「飼い猫」とは?

「飼い猫(かいねこ)」とは、「食肉目ネコ科ネコ属に分類されるイエネコで、人にペット(愛玩動物)として飼われている猫」のことを意味しています。

「飼い猫」というのは、「飼い主がいて餌・住居を与えてもらったり危険から保護されたりしている猫」のことを意味しているのです。

「野良猫」とは?

「野良猫(のらねこ)」とは、「食肉目ネコ科ネコ属に分類されるイエネコで、人にペット(愛玩動物)として飼われていない猫」のことを意味しています。

「野良猫」「野良」には、「屋外の野・野原」「管理されず自由気ままに振る舞っている放蕩」といった意味合いがあります。

「野良猫」には生まれながらに飼い主のいない野良猫の親から生まれた猫もいますが、元々は人の飼い主に飼われていて捨てられた捨て猫も含まれます。

「野良猫」とは「屋外で暮らしている飼い主のいない猫」のことですが、屋外で生活していても特定の管理者がいる場合には「地域猫」として「野良猫」と区別されています。

「飼い猫」と「野良猫」の違い!

「飼い猫」「野良猫」の違いを、分かりやすく解説します。

「飼い猫」「野良猫」「食肉目ネコ科ネコ属に分類されるイエネコ」という意味では同じ哺乳類の動物を意味していますが、「飼い猫」というのは「ペット(愛玩動物)として人に飼われている猫」のことを意味しています。

飼い猫に対して「野良猫」というのは、「飼い主がいない屋外で自由に生活している猫」のことを意味しているという明確な違いがあります。

「野良猫」「残飯を食べたり建物で雨宿りしたりして、間接的に人間・人間社会に依存して暮らしている猫」ですが、「飼い猫」のように「特定の飼い主・管理者に餌・住居を与えられたり保護されたりしているわけではない」という違いを指摘できます。

まとめ

「飼い猫」「野良猫」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「飼い猫」とは「人にペットとして飼育されている猫・食事や生活環境を準備してくれる飼い主がいる猫」を意味していて、「野良猫」「人に飼われていない屋外で生活している猫・飼い主や管理者のいない屋外で暮らしている猫」を意味している違いがあります。

「飼い猫」「野良猫」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物