スポンサーリンク

「アシカ」と「オットセイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アシカ」と「オットセイ」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アシカ」「オットセイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アシカ」とは?

「アシカ」とは?

「アシカ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「アシカ」「海驢」と漢字表記します。

「アシカ」は鰭脚類(ききゃくるい)アシカ科の海生動物です。

日本でいう「アシカ」という場合は、基本的に「ニホンアシカ」を指すことが多く、現在は絶滅したと見られています。

またアシカ科アシカ属の総称という意味で使われることがあり、この場合は、ニホンアシカとカリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカの3種類になります。

ただし「アシカ」をアシカ科アシカ亜目の総称とした場合は、オタリアとトドを含むことになります。

さらに、「アシカ」をアシカ科の総称とすると、「オットセイ」も加わることになります。

ちなみに、水族館や動物園で「アシカショー」を見ることができますが、この場合の「アシカ」は、カリフォルニアアシカのことを指します。

「オットセイ」とは?

「オットセイ」とは?

「オットセイ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オットセイ」「海狗」と漢字表記します。

「オットセイ」は、鰭脚類(ききゃくるい)アシカ科の中の、キタオットセイ属と、ミナミオットセイ属の総称となります。

キタオットセイは、北太平洋に生息し、ミナミオットセイはアフリカやオーストラリアなどに生息します。

一匹のオスが、複数のメスと暮らす「ハーレム」と呼ばれるコロニーを形成します。

ハーレムを作れないオスは、オス同士でまとまって生活を行います。

「アシカ」に比べると、若干小ぶりな体つきで、ビロード状の体毛が生えているという特徴があります。

つやつやとした印象がある「オットセイ」の体毛は、やわらかく暖かく防寒性などに優れています。

食性としては、魚やタコ、エビなどを食べます。

「オットセイ」という名前はアイヌ語の「オンネカムイ」という「老大な神」を意味する言葉が由来とされています。

「アシカ」のように芸をする賢い動物で、水族館などでショーを見ることができます。

「アシカ」と「オットセイ」の違い

「アシカ」と「オットセイ」の違い

「アシカ」「オットセイ」の違いを、分かりやすく解説します。

「アシカ」「オットセイ」は、「アシカ科」の仲間で、海で暮らし、ハーレムを作るなど、似た点をたくさん持っています。

ただし、「オットセイ」「アシカ」よりも、一回り体が小さく、「オットセイ」は耳たぶがあるため、耳が目立ちやすいという違いがあります。

また、「アシカ」の後ろひれは不揃いなのに対して、「オットセイ」の後ろひれはそろっているという違いがあります。

水族館のショーを見たときは、後ろひれの形に注目をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

「アシカ」「オットセイ」の違いについて見てきました。

2種類の動物はとても似ていて、見分けがつきにくくなっています。

しかし、耳や後ろひれなどのわずかな違いを知ることで、見分けられるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物