「個人事業主」と「フリーランス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「個人事業主」と「フリーランス」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「個人事業主」「フリーランス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「個人事業主」とは?

「個人事業主」とは?

「個人事業主」とは、個人で事業をしている人のことを言います。

「個人事業主」とは、会社を設立する必要はなく、税務署に「開業届」を出せば、その日から「個人事業主」となります。

例えば、会社員として働いている人が、土日だけ副業をする場合があります。

ある程度、副業の稼ぎがあるならば、確定申告をする必要がありますので、「開業届」を出して「個人事業主」となることができます。

つまり「会社員」をしながら「個人事業主」という、二足の草鞋を履く人もいるのです。

「フリーランス」とは?

「フリーランス」とは?

「フリーランス」とは、会社員とは違う存在で、企業に雇われることなく、企業を相手に仕事を契約して働くといったことを表す言葉です。

そのような人を「フリーランサー」と言います。

「フリーランス」の人が開業届を出せば「個人事業主」ですし、自分が会社を設立すれば「事業主」ということになります。

「個人事業主」と「フリーランス」の違い!

「個人事業主」と「フリーランス」の違い!

「個人事業主」「フリーランス」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも同じ意味なのではないかと、思われがちですが違いがあります。

まず「個人事業主」とは、会社を設立せず自分で事業を行っている人のことを言います。

ですから昼間は会社員、夜に自分の事業を行うといった人は「会社員」「個人事業主」という二つの立場であるわけです。

「フリーランス」とは、雇用関係がなく、独立して仕事をしている人のことを言います。

つまり会社やお店に雇われるといった働き方ではありません。

その為、働いて得たお金は「給料」「給与」という言い方ではなく「報酬」となります。

「フリーランスとは給与所得者ではない」と覚えておきましょう。

また「フリーランス」の人は、「個人事業主」「事業主」か、どちらかになります。

会社を設立するか、しないかは「フリーランス」の人の自由です。

一般的には最初は「個人事業主」として仕事を始め、そのうち仕事量が増えて、規模が大きくなり、稼ぎが多くなれば、会社を設立するといった流れになるのではないでしょうか。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「個人事業主」「フリーランス」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使ってください。