スポンサーリンク

「就活」と「転職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「就活」と「転職」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「就活」「転職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「就活」とは?

「就活」とは?

「就活」とは、「就職活動」の略となります。

主に大学生などが就職に向けて、資料を集める、試験を受けるといった活動のことを言います。

例えば「就活が終わる」という言い方をすれば、それは就職が決まったので就職に向けた活動が終わるという解釈になります。

「先輩は就活が忙しいらしい」「就活が上手くいっていないと悩んでいる様子だった」「就活用に黒いバッグを買ってきた」などと、使います。

「転職」とは?

「転職」とは?

「転職」とは、職業を変えることを言います。

同業他社へ変わることでもあります。

つまりそれまで、していた仕事とまったく違う仕事へ変わることも「転職」ですし、同じ仕事内容ですが、違う会社へ移ることも「転職」となります。

「こっそり転職活動をしている」「転職を繰り返し、結局長続きしない」などと、使います。

「就活」と「転職」の違い!

「就活」と「転職」の違い!

「就活」「転職」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも働くことに関する言葉ですが、意味が違いますので混同しないようにしてください。

まず「就活」ですが、こちらは「就職活動」のことを言います。

主に学生が就職する為に活動する時に使います。

一方「転職」ですが、この言葉は職を変えること、働く場を変えることを言います。

つまり、一度どこかへ就職した人が使う言葉となります。

ですから「転職」しようと考えて、活動することは「転職活動」と言い「就活」とは使わないのです。

わかりやすくまとめますと「就活とは学生が就職の為にする活動」「転職とは職業を変える、働く場を変える」となります。

基本的には「就活」は学生が使う言葉ですが、一旦仕事を止めて無職期間があった大人が再び就職しようと活動する際は「就活」と使ってもおかしくはありません。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「就活」「転職」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けてください。